巨人の元投手・加藤初さん、直腸がんで死去…1972年パ新人王

%e5%8a%a0%e8%97%a4%e5%88%9d
巨人の元投手・加藤初さんが66歳で死去

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-12-20-12-48-30%ef%bc%89


巨人は20日、元巨人投手の加藤初氏が12月11日に直腸がんのため66歳で死去していたと発表した。
妻・和江さんを喪主として、通夜、葬儀は既に執り行われたという。


加藤氏は1949年12月20日、静岡県出身。
吉原商から大昭和製紙などを経て、1971年ドラフト外で西鉄に入団。
1年目の1972年に17勝16敗、防御率3・95で新人王に輝いた。
1976年には巨人にトレード移籍。同年には15勝を挙げるなど、巨人でも2ケタ勝利を4度マークした。

プロ19年間で490試合に登板し、141勝113敗、22セーブ、防御率3・50。
現役引退後は西武、台湾、韓国でコーチを務め、手腕を発揮していた。
%e5%8a%a0%e8%97%a4%e5%88%9d