首相夫人・安倍昭恵の無防備発言「日本を取り戻すことは大麻を取り戻すことだと思ってる」

首相夫人・安倍昭恵の無防備発言「大麻を取り戻す」

Japan's Prime Minister Shinzo Abe, left,  and his wife Akie Abe attend a reception at the Japanese American National Museum Friday, May 1, 2015 in Los Angeles.  (Kevork Djansezian/Pool Photo via AP)

Japan's Prime Minister Shinzo Abe, left, and his wife Akie Abe attend a reception at the Japanese American National Museum Friday, May 1, 2015 in Los Angeles. (Kevork Djansezian/Pool Photo via AP)




2016年も政界ではかなりの「失言・珍言」が繰り広げられた。
そんな中、政治家に混じって見逃せないほどの冴えを見せたのはファーストレディ、安倍首相夫人のアッキーこと昭恵氏ではないだろうか。

大麻解禁運動に熱心だという昭恵氏は………。



「『日本を取り戻す』ことは『大麻を取り戻す』ことだと思っています」


医療用や祈祷用の大麻解禁運動に熱心だという昭恵氏は、小池百合子都知事との対談でそんなぶっ飛び発言をした。
続いて12月26日から慰霊のために真珠湾を訪問する夫・安倍晋三首相より一足早くこの夏にアリゾナ記念館を訪ね(8月22日)、なんともスピリチュアルなハワイ解放論を語っている。

「あそこは聖地なんですよ。ハワイのあそこを攻撃した日本は悪いかもしれないけど。本土からやってきて、あそこを乗っ取っちゃった人達もいるわけで。そもそものハワイに戻してあげましょうよって感覚になりました。自然の神様がそっちを望んでいるんじゃないかなって」


ちなみに、昭恵氏はアメリカのトランプ次期大統領に面会に行った安倍首相が、

「トランプは選挙の時とは人が違うように普通だった」

と印象を語ったという“国家秘密”まで暴露している(12月6日の京都での公演)。

政治評論家の有馬晴海氏は、このような発言が飛び出す原因を次のように指摘する。

「自民党議員の暴言や失言が目立つのは、野党がどんどん弱体化しているから。軽率な発言で批判を浴びても当選できるとタカをくくっているのです。ファーストレディも発言には慎重になるべきです。米国の大統領夫人には専門のスタッフがついて発言が管理される。しかし、昭恵夫人にはそうしたスタッフも縛りもなく、自分が考えるままに反原発など安倍政権と反対の主張をしてきた。その結果、時に無防備な発言が飛び出してしまう」



夫の立場など何も考えていないかのような発言を繰り返す昭恵氏。
自身の失言で夫の足を引っ張るような結果にならないことを願う。