ローラの扱いが酷すぎる!?「バイオハザード」の超チョイ役に観客の目が点に…

「バイオハザード」のローラは?

maxresdefault


日本生まれの感染サバイバルゲームの実写映画化ということで、海外のみならず日本でも大ヒットを続けてきた「バイオハザード」シリーズ。
12月23日に公開された「バイオハザード:ザ・ファイナル」でついに完結するわけだが、近年は本国アメリカ以上に日本国内の興収のほうが上ということもあり、この最終作は日本が世界最速公開となる。

キャストも一斉に来日し、まさに「大ヒットが義務付けられている」作品として注目されている。

バイオハザードには日本の人気モデル・ローラも登場しているが、その扱いが「ひどすぎる!」と話題になっていて………?


ローラも「ついにハリウッドデビュー」として公開前から大きな話題を呼んでいた。
映画の予告編でも彼女のシーンが抜き取られるなど、観客の期待は高まったものの、実際に映画を観た観客やメディアからは

「ひと言、残念すぎる」
「ローラが気の毒」
「まだ日本はナメられている」

など、失望にも似た声があがっているとか。

一体なぜなのか、映画ライターが語る。

「映画の前半に登場するのですが、確かに女戦士の役でした。夜のシーンでもありましたし、パッと見ではローラかどうかもわからないメイクで、事前に言われていなかったら誰だかわからない感じでした。しかもセリフはひと言だけ。別にローラでなくてもいい、簡単な英語です。登場時間が短すぎてローラ目当ての観客はあ然としてしまいました。撮影していた時期から、ローラが肉体改造したなど話題になっていましたし、主演のミラも『みんな映画を見た時、きっとショックを受けると思うわ。ローラはすごく激しい戦士に変身しているから』と絶賛していたはずが、違う意味で『ショックを受けた』というのが観客の本音でしょう」



ハリウッドデビューをして、まさかセリフが一言とは誰も思わない結果だっただろう。
ローラ本人は、どう受け止めているのか気になるところだ。