SMAPが解散の日に打ち上げ!!森且行が出席するも木村は不参加のワケとは

SMAPが解散の日に打ち上げ

smap-bpo-kusanagi-02


国民的アイドルグループ・SMAPのメンバーが、25年にも及ぶ活動に終止符を打った昨年の大晦日の夜に都内の焼肉店で打ち上げパーティを行っていたことが分かった。

しかし、そこにメンバー”全員”の姿はなく………。


森且行が出席するも木村は不参加

80391da66e7a02ac5656f81fbe17d8d5_content


NHK紅白歌合戦が4年ぶりに紅組の勝利で幕を閉じた12月31日の深夜2時。
都心の高級焼肉店から出てきたのは、木村拓哉(44)を除くSMAPのメンバーだったという。

NEWSポストセブンの記者が、「木村にも声をかけたのか?」「木村もこの会合を知っていたのか?」と質問するも、メンバーは口をつぐんで各々タクシーに乗り込んだという。

ただ一人、稲垣吾郎(41)は

「こんなに遅い時間までお疲れ様でした」

と、記者に声をかけたという。

この打ち上げはスタッフを一切交えない、SMAPメンバーの完全プライベートの集いだったが、一人だけ同席者がいた。
それは、1996年に脱退した元メンバー・森且之(42)である。
新旧メンバーによる最後の打ち上げは、25年分の苦楽を吐き出すように、長い長い宴となったそうだ。
打ち上げの開始は夜7時。最初に来店したのは香取慎吾(39)と草彅剛(41)。少し遅れて稲垣、中居正広(44)、森が合流した。

居合わせた客は

「2階の個室を貸し切っていました。1階には一般客も大勢いて、入り口付近の客は仰天していましたよ。“いま上がってったの、中居じゃね?”って。その後、メンバーが続々と来るもんだから、震えましたね。とんでもない瞬間に立ち会ってしまった、と」

と驚きの様子を語る。

沖縄の「もとぶ牛」の一頭買いを売りにする同店は、ミスジやとも三角、ザブトンなどあらゆる希少部位が味わえるという。
同夜のメンバーも極上の肉に舌鼓を打っていたのだろうか、店員が慌ただしく個室にグラスと皿を運んでいたそうだ。

居合わせた別の常連客は

「10時に閉店だったのですが、他の客が退店後もメンバーは宴会を続けていました。この店、個室内にテレビはないので、紅白を見ながら盛り上がっていたわけでもないでしょう。ずっと昔話に花を咲かせていたのかな…」

と話す。

最終的には参加を辞退したものの、出場を巡って諸説入り乱れた紅白には目もくれず、閉ざされた空間で5人だけの夜が更けていった。

「日付の変わる直前にはお店側に年越しうどんを用意してもらったそうです。店内でカウントダウンからの新年祝いしたんだとか」(SMAPを知る芸能関係者)


宴がお開きとなったのは年をまたいだ深夜2時。
7時間の宴を終えた赤ら顔のメンバーがゾロゾロと出てきた。

先頭はリーダーの中居。マスクに眼鏡、帽子という変装姿で直撃取材にも無言を貫く。
2番手で森が退店すると、後続の草彅、香取が二人で一台のタクシーに乗り込み、最後に稲垣が登場。
冒頭のコメントを残して去って行った。

では、一人参加しなかった木村は何をしていたのだろうか。

「自宅で家族と過ごしていたようです。SMAP最後の日ですから、特別な想いもあったのでしょう。4人と森くんの打ち上げを知らなかったのか、誘われたけど断ったのか。どちらにせよ、結果的に彼は参加せず家族との時間を選んだ」(SMAPを知る音楽関係者)


元来、木村はプライベートでメンバーとつるむことはせず、芸能界の仲間とも過度なつき合いをしないことで知られている。
一人だけ家族がおり立場が違うということもあるが、それでも木村の打ち上げ不参加を耳にすることは、往年のSMAPファンからすれば傷をえぐられる思いだろう。

木村ファンの一人は語る。

「やっぱり彼だけが……とショックです。もし誘っていなかったのだとしたら4人のやっていることは余りに子供じみています。あれだけ『4対1』の構図が世を騒がせ、ファンを悲しませてきたんですから。せめてそのメンバーで打ち上げをするなら、絶対に人目のつかない場所を選ぶとか、ファンのためにも配慮すべきことがあったはず。

すでに私たちはSMAPの解散で心にポッカリ穴が空いている状況なんです。最後まで後味の悪い終わり方で、不快な気持ちになるばかりです」



ファンが最後まで信じていたメンバー同士の絆。
木村は果たして、誘っても断ったのか、それとも……………。

2017年、彼らは別々の道を歩きはじめている。