iPhoneで”写真を削除せずに”空き容量を作るシンプルな8つの方法

%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%bb%e3%82%93
”写真を削除せずに”空き容量を作るシンプルな8つの方法

bfcb790a7f37f6b1afe6826d6e4f0c81_content

日本人は諸外国に比べiPhoneユーザーが多いという。ほぼ70%がiPhoneユーザーである。

AndroidもiPhoneも一長一短あるのだが、販売戦略やブランド力、皆が使っている安心感、また、価格もAndroidとほとんど変わらないことから、日本ではiPhoneが広く支持されているようだ。

そんなiPhoneだが、あらかじめ容量が決まっておりSDカードが入れられない為に、容量不足となりやすい。
16GBのものだと、たくさん写真を撮る人はすぐに容量がいっぱいになってしまう。

だが写真を削除しなくても、iPhoneの空き容量を作る方法がいくつかあるという。

そんな朗報が海外サイトにその方法がいくつか紹介されていたので、ご紹介!


【1. 不要なアプリを削除】

7e5dbb40ca91fd2be54e45e975b62ee5_content

みんなApp Storeでいくつかのアプリをダウンロードしていることだろう。ファイルのサイズは大したことがないので、そのまま放置したとする。するとアプリは徐々にデータを蓄積して行き、45MBだったアプリがいつのまにやら1.5GBにも成長していたりする。使っていないアプリがあれば削除しよう。本当に必要になれば後でまたダウンロードすればいいのだ。

[設定] > [一般] > [ストレージとiCloudの使用状況]をタップ。[ストレージを管理]を選ぶと入っているアプリが一覧ででてくる。ここでどのアプリがどれくらいの容量を使っているかが確認できるので、不要なものを選んでタップすれば簡単に削除できる。


【2. 古いメッセージを削除】

92b1b1311d5951a79db758abb3c6f0e7_content

iMessageのウリの一つは無制限のアーカイブにある。だが何年も前のメッセージをすべて保存しておく必要など本当にあるだろうか? 見返すこともない過去の会話などさっさと削除してしまおう。[設定] > [メッセージ」 > [メッセージを残す]から[30日間]にチェックを入れて、容量の余裕を楽しもう。


【3. マイフォトストリームを利用しない】

7db2662bc4075e112c85bdd6c49712a6_content

この機能を利用していると写真は2回保存される。iPhoneとiPadで写真を同期する必要があるのでなければ、ただの無駄でしかない。[設定] > [写真とカメラ] から[マイフォトストリーム]を選んでオフにしよう。


【4. HDR機能は2種の写真を保存する――両方は無駄】

7eed433a3d7964ad20193b3986b8fa50_content

iPhoneのカメラは素晴らしい。HDR機能を使えば、光に乏しい環境でも綺麗な写真をとることができる。が、問題もある。この機能を使うと、HRD機能を使って撮影した写真データとそれなしの写真データが保存されてしまうのだ。[設定] > [写真とカメラ]から[通常の写真を残す]をオフにしよう。


【5. ブラウザキャッシュを消去する】

7959c6305e9d6acbdf40984302e2b6ac_content

これはiPhoneで一番イラつかせる機能だろう。アプリのキャッシュを一つ一つ消去しなければならないのだ。[設定] > [Safari](あるいはChromeやFirefoxなど、ご利用のブラウザ)から[履歴とWebサイトデータを消去]を実行しよう。頻繁にアクセスするサイトは少々ロード時間が伸びるかもしれないが、それほど気にはならないはずだ。


【6. アプリの自動アップデートを無効にする】

c1f823f0cafe8bb23bb7829ac004cf87_content

アプリの自動アップデートはデータ管理に邪魔なだけでなく、バッテリーも消費する。[設定] > [iTunes & App Store]から[アップデート]をオフだ。


【7. Googleフォトをインストールする】

3a11138c39ee90915024a771c956d213_content

GoogleのアプリはAndroidのみならず、iPhoneでも使える。Googleフォトは、無料で写真をオンライン上に永遠に保存しておいてくれる。容量の制限はない。高解像度の写真を保存したら、WiFi環境ですべてアップロードしておこう。


59df41544a1132df3153f114a533f736_content

Googleフォトをインストールしたらアプリを開き、画面上の検索窓の左側についている三本ラインからタブを開き、[端末の空き容量の確保]をタップすれば、アプリが自動でiPhoneに重複して保存された写真を削除しつつ、オンラインにバックアップを作ってくれる。

Googleフォトにバックアップしておけば、iPhoneの[写真]上にとっておく必要のない写真はどんどん消していくことができる。


【8. iTunes Storeで映画レンタルの全手順を踏む。実際にレンタルする必要はなし】

0eb4429e13a603756f5894a3631b5f34_content

ホーム画面上の[iTunes Store]をタップし、下部のタブから[映画]を選んで、ストアから適当に映画を選んでレンタルをクリックし、動画ダウンロードの準備をする。

これをすることで、OSが自動的に不要なキャッシュデータを消去して、映画をダウンロードするためのスペースを用意してくれるそうだ。これで簡単に3GB確保できる。実際にレンタルしてお金を払う必要はない。

※元記事には、「実際にレンタルしてお金を払う必要はない」とある。これってどういうことなの?と思ったので、やってみたところ、[レンタル]をクリックすると認証画面となる。認証しなければお金を払わずにすむので、おそらくはここまでの段階かと思われる。詳しい人がいたら教えてくれるとうれしい。


%e3%81%82%e3%81%84%e3%81%bb%e3%82%93