70代女性ホームレスの過酷な現実!!”500円”で体を売って生活する日々「男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」

ホームレス
70代女性ホームレス、”500円”で体を売って生活する日々

f06321dd20a0e9ba810bc1273892e82c_content


東京・浅草の雷門近くの公園で、30年間路上生活を続けてきた深田絹江さん(仮名・70代後半)という女性ホームレス。
彼女は体力的に力仕事は無理だが、ある驚きの方法で収入を得ているという。

それは、あまりにも過酷なホームレスの現実だった。



「ずっと公園で寝る生活です。もう年でまともに働けないから、男の人に“施し”を受けて、なんとか生きています」


深田さんの語る「施し」とは“売春”を意味している。
驚くべきことに、彼女は現役の売春婦なのだ。

だが、そもそも彼女は何故ホームレスになったのだろうか。

「もう30年もやってるからね、理由なんて忘れちゃった。でもそんなものですよ。最初から家のない暮らしをしようと考える人なんていないんだから。みんな何かの拍子でホームレスになるの」


彼女がよく座って客を取るという、浅草寺横の仲見世通り。
深田さんは過去を振り返って語る。

「昔は気前よく5000円払ってくれる人もいたけど、数年前から金額が明らかに少なくなって。最近は1000円とか500円玉を出して『最後まで』なんて方もいます。ときどき冷やかしで若い人がきてね、『ババア気持ち悪いんだよ』とかなんとか言われたりもする。アナタたちに迷惑かけてないでしょって追い返すけどね」


顔中シワだらけの彼女のお客は、現在「同じ年代のホームレス仲間が週1、2人やってくるだけ」だという。

「昔はね、これでも週に1、2万円ぐらいは稼いでたのよ。今の稼ぎは食事代にすらならないけどないよりマシ。最近は段ボールで寝ていると体の節々が痛くなるし、もう長くないかもね……」



深田さんはいつまで、こんな地獄のような生活を続けるのだろうか。
今日も冷たい風が吹き荒れる日本に、こんな現実があるのだと、一体何人の人間が知っているだろうか………。

ホームレス