元モー娘。藤本美貴、庄司智春との交際が発覚し「別れるか、辞めるか」を事務所に迫られていた!!

藤本美貴、庄司と交際発覚で「別れるか、辞めるか」を事務所に迫られていた

e6c5257e


1月10日放送の日本テレビ系『解決! ナイナイアンサー』に、元モーニング娘。でタレントの藤本美貴(31)が出演。
お笑いコンビ・品川庄司の庄司智春(41)との交際が発覚した当時のことを、ナインティナインの矢部浩之(45)らに打ち明けた。


この日のテーマは“芸能人の極秘婚アンサー”。

2007年、藤本が「モーニング娘。」のリーダーになった直後に庄司との交際を『FRIDAY』(講談社)にスクープされた時のエピソードが紹介された。
藤本は『FRIDAY』の発売前日に、編集部から記事掲載の連絡を受けた所属事務所に呼び出され、

「“何を言われるんだろう。どうなるんだろう”って感じですかね。ドキドキでしかないという」

と、当時を振り返った。

そして、事務所側からはその場で”アイドルを続けるために別れるか、アイドルの座を捨てて交際を続けるか”、と迫られて交際を続けることを選択した。
その時の心境について、

「もちろん迷惑もかけたし、これからも迷惑をかけるのは良くないので“脱退します”という感じでしたね」

と藤本。

また、庄司も同じく事務所に呼ばれたと言い、矢部が「本気具合を聞いたり、そういうことなんかな?」と質問すると「そうだと思います」と答えていた。

当時のモーニング娘。の状況を、芸能誌の記者はこう話す。

「この時期のモー娘は主要メンバーに波乱が続いていて、2005年には矢口真里(33)が熱愛スクープが原因で脱退し、2006年には加護亜依(28)が喫煙スクープで謹慎処分を受けています。それだけにモー娘を引っ張っていくはずだった藤本の熱愛発覚からの脱退は、事務所にとって頭の痛い問題だったんでしょう。ただ、藤本はその後、ママタレとして活躍するようになり、プロデュースした美容グッズもヒット。あとから考えれば、脱退して結婚という判断は正解だったとも言えますね」



モー娘。を卒業後も、何かと問題を起こすメンバーがいるなかで、藤本は一番成功したOGだと言えるかもしれない。