”美人セクシー女優”と呼ばれた女の絶望的な「その後」とは

”美人セクシー女優”と呼ばれた女の絶望的な「その後」

21f8065f4961dccc71ad3bce9591e32a_content


ルポライター・中村敦彦氏がセクシー女優の実態を描いた著書「名前のない女たち」シリーズ。
最新刊『貧困AV譲の独白』では、「貧困」に焦点を当てて18人の女たちの壮絶な過去と現在を著しているのだが、今回はそのうちの1人が生きる現実を紹介したい。



「私さ、元AV女優だけど。取材してもらいたいんだけどさ。暇なんだよね」

井上沙耶(仮名)という元AV女優から突然電話があった。2004~2005年に企画AV女優をしていたそうで、年齢は37歳。とにかく暇なので取材して欲しいという。

神奈川県某市に向かった。駅から徒歩15分ほど。言われた住所は古い住宅街で、築40年以上と思われる老朽した木造アパートがあった。一般的な所得があれば、決して住むことはない老朽住宅だ。

2004年といえばAV女優志願者が増え、スタート地点に立つまでの競争が始まっていた時期で、元AV女優ならばそれなりのスペックを持っているはず。引退後も水商売や風俗に流れれば、それなりの稼ぎはあるはずで、老朽住宅に違和感があった。

住所を間違えたかと思い連絡すると、一番手前の部屋の扉がひらき、肥えた中年女性が現れた。彼女が井上沙耶だった。現役時代から30キロ以上太り、とても同一人物には見えない。

「これ、男の家。居候。暑いから中入れば」

部屋の中は臭い。吠え続ける子犬がいて、ゴミだらけの部屋は埃や動物の糞尿やタバコの匂い、体臭が入り混じる。床は油っぽく、絨毯は湿っている。空き缶、スナック菓子の破片、クスリ、化粧品などが散乱し、昼間だろいうのにカーテンは閉めっぱなしで、部屋は薄暗い。畳が所々破れめくれていた。

薄型テレビの画面は割れ、ヒビが入っている。テーブルには飲みかけのビール缶が散らばり、灰皿には吸い殻が山盛り。昼間から酒を飲み、亀裂で観づらいテレビを点けていたようだ。ヒルナンデスが流れる。

「働いてないよ、こんなカラダだからね。彼氏に養ってもらっているの。半年くらい前から、まあ無職かな。太ってデリヘルをクビになったんだよね。どこも雇ってくれなくて、暇だからお酒がとまらない。狂ったように飲んじゃって、マジで止まらない」

AV女優だったのは、29歳。それからデリヘル、ヘルスと非本番系の風俗店を転々とし、半年前、体型を理由に解雇された。太りすぎたことが原因だ。

「彼氏」という家主は、元々男性客。未婚37歳のサラリーマンで、収入は高くない。彼氏のアパートに居候しながら、酒を飲み続け、気が向いたら自転車で行ける距離の出会いカフェで売春する。稼いだお金は、数日分のお酒とタバコ代金で消える。半年以上、そんな生活をしていた。

空き缶と物が散乱するテーブル上にAV女優時代、3年前のデリヘル嬢時代の写真があった。写真はビールや醤油がついて汚れていたが、肥えた現在の姿からは想像もつかない、フェロモンを漂わせた色っぽい女性が写っていた。写真の彼女はヘアメークして綺麗にドレスアップされ、採用の難易度が高い現在のAV女優や高級キャバクラなどでも十分に通用する美人だった。

しかし、目の前の井上沙耶はタンクトップ姿、サイズが体型に合わずにお腹が膨れあがっている。ブス、醜いなどという形容詞を超えた状態で、左の二の腕から手首まで無数のリストカット痕があり、さらに脇の下の無駄毛は生やしっぱなし。そして、笑うと口元から見える歯は、ヤニが蓄積されて真っ黒だった。

黒い歯に私は息を飲んだ。目の前には、美人AV女優の絶望的な「その後」があった。

「リスカは、もう10年くらい前からとまらない。昨日もだし。彼氏がすごく冷たくてね。もう何ヵ月も不眠みたいな感じ。昨日も2時間しか眠れなくて、彼氏は『今日も帰ってこないかも』とか言ったの。キレて暴れちゃった。それで彼氏の前で暴れてリスカして血まみれ。まだ何時間かしか経ってないから、絨毯血でベトベトしているかも。でもさ、リスカはスカっとするのよ」

1人ではリスカはしない。誰かの前でするか、切って怪我をしてから誰かを呼ぶ。それは癖だという。

「この前は血まみれの状態でおまわりさんを何度も呼んだ。それで措置っていうの、おまわりさんに精神病院に連れて行かされて検査させられたよ。精神病院でいろんな薬をもらったけど、なにもよくならないよね。リスカ癖も治らない」

連続飲酒状態か。ビール缶を持ち上げると手が痙攣する。ゆっくりと口元に運び、手が缶を維持できずに中身がこぼれる。手の痙攣は不自然で激しく、自分では制御ができないようだった。

「そう、アル中。実は来週から入院なの、アルコール依存症だね。去年、風俗の仕事がダメになってから連続飲酒するようになって、しばらくして手がぷるぷる震えてとまらなくて、今では水も普通に飲めなくなっちゃった。汗はかくし、手は震えるし。こんなバカみたいに太ったのも、原因は全部アルコール。

デリヘルをクビになってから夜中から朝まで食べて飲んで、起きてすぐ飲んで、そんな感じ。クビになってから一週間で6キロ太って、まったく止まらなくて、今はプラス30キロ。もうどうしようもない」

自虐的なことを言いながら、膨れあがったお腹をぽんぽんと叩く。脂肪というより、風船のようで、おそらく自力では元の体型には戻せない。風俗に復帰するのは難しい。

「彼氏とは4年前から付き合って、なぜか続いているのね。最初に会ったのは、出会い喫茶。生活費を稼ぎに売春しに行って、こいつ金なさそうだなってのが第一印象。こいつ金ないだろうけど、良い人そうだから食事に行こうかなってのがキッカケ。どっか適当な居酒屋で酒飲んで、最初の日はそれだけで別れたのね。また次の日に歌舞伎町の出会い喫茶に売春しに行って、電話が鳴って、昨日会った男だけどって。それで番号登録した。

その日、売春で誰かとホテルに行って、朝方帰ったときに変なオヤジに絡まれたの。それで彼氏に助けてって電話した。当時、住んでいた部屋に呼んでエッチして、エッチが終わって昼頃に『帰る』っていうから、目の前でリスカした。そこからずっと一緒」

「ずっと一緒」という言葉が不気味に響く。女性の路上生活者は少ないが、彼女のように男の部屋に居候することで踏みとどまるケースも多い。モテない男の寂しさは根深く、彼女のような人でも拾う男が存在する。

アル中だけでなく、いくつかの精神疾患を抱えている。サラリーマンの彼氏が出勤や用事で自宅から離れようとすると、リストカットをする。リスカと逆ギレは日常で、割れたテレビも暴れたときに破壊した。なにもかもが、狂っていた。

「彼氏はさ、別に男だったら誰でもいいんだよね」

井上沙耶にビールを勧められたが、断った。潔癖な性格ではなく、少々のモノならば手をつけられるが、出してくれたお茶にもお菓子にも、手をつける勇気がなかった。

「15歳からずっと男が途切れたことがないけど、4年前、ちょうどそのときだけ彼氏がいなかったの。出会い系でメールしても、テレクラに電話しても、なにしてもできない。たまたま今の彼氏が、こんな毎日のようにリストカットしても、なんとか耐えてくれるすごいいい人だったの。一緒にいる理由は、それだけ。これからも、あんないい人は現れないって思っているし」

ひっきりなしにビールを飲む。ずっと手が震えているのでいちいち中身がこぼれる。おそらく食料やクスリ、手に取るものすべてがこぼれるのだろう。掃除はしないし、拭かないので絨毯には幾重にも染みが拡がっていた。それが臭気の原因だった。

異臭漂う老朽アパートの一室は、壊れて立ち直りようがない現在を象徴していた。かける言葉がない、ただ耳を傾けるだけだ。

「自分がおかしいことは、本当によくわかっている。精神かアルコールかといえば、たぶんアルコールで壊れちゃっている。アルコールから始まって精神も侵されているっていうか」

壊れる彼女は、どのようにして現在の破綻を招いたのか。昔の話を聞いてみた。アルコールが原因で記憶は曖昧なようだった。

「売春は15歳から。それまではイジメられっ子で、小学校高学年くらいから学校にはちゃんとは行っていないかな。

母親がメチャクチャな人でヤクザみたいな男を転々としているような女。借金して、お前がカラダでも売って払え、とか。そんなことを平気で言う家庭で、私は15歳からずっとアソコをしゃぶっている。

15歳で売春を始めて、母親に毎月いくらか払っていたね。家賃とか生活費ってことで。私の人生で一番良かったのは、やっぱAV女優やったとき。こんな私でもチヤホヤされて稼げたから。AV女優時代はマジでいい思い出だよね」

18歳で風俗嬢になる。風俗嬢は半年前に解雇されるまで22年間継続し、現在の収入も出会い喫茶での売春だ。出会い喫茶での価格は2万円。しかし本格的に太ったこの半年は、誰にも相手にされない。

「こんな体型だから、基本的にみんな嫌がるよね。でも、まあいろいろやっているよ。出会い喫茶の売春もだけど、今はお客さんをお店通さないで会うのが一番の仕事だね。20年以上も風俗とか売春やっているから、こんな体型でも持っているお客がいるの」

この半年間、この部屋に籠ってずっと酒を飲み続けている。ビールとタバコを買うお金がなくなると、出会い喫茶に行くか、客に電話をしてラブホテルの近くで待ち合わせて1万円~2万円をもらう。

部屋に引きこもるようになってからは毎日体重が増加、それに比例して精神状態もおかしくなった。リスカや突然暴れるなどの頻度が増えて、現在は「なんとか生存している」というギリギリの状態だった。

「彼氏は売春には賛成しているかな。売春しないで、部屋でカラダを切っているよりはいいって。だからカラダ売ってこい、って言われる。一人でいるとイライラして暴れるし、お金を払ってくれるってことに存在価値を感じるというか、売春するとやっぱりホッとする。

アソコしゃぶるのは嫌だけど、ホッとする。これまで風俗と売春しかしたことないから、カラダで稼げなくなったら本当にどうしていいかわからない」

カラダを売る仕事以外に一切の社会経験がなく、中学3年からそれだけが社会との接点だ。太って風俗店で働くことが許されなくなってからは、感情の起伏が激しくなって暴れてばかり。売春で男が買ってくれると精神的に安定し、しばらくは落ち着くという。

先日、暴れて警察を呼んだことで問題になった。来週からは精神科に措置入院となるようだ。

「浜崎あゆみの曲にも美しい花も散っていくってあるでしょ。AV女優で活躍してチヤホヤされた時代もあって、街にでればスカウトマンに散々声かけまくられたとか。今じゃ、歩いてもティッシュも渡されないよ。だからそういう時代もあってよかったよ」

彼女は重症だ。おそらく帰って来ることはないのではないか。彼氏も、いい機会とばかりに逃げるのはおそらく間違いない。ただ一つの価値だった「売れるカラダ」を失い、身寄りも、健康も、支えてくれる友達もいない彼女には、このまま医療や福祉の世話になるしか生きる術がなさそうだ。

「暇だから駅まで送るよ」

乳首が透けるタンクトップ姿のまま玄関を出て駅まで送るという。外に出てようやく異様な臭気から解放された。彼女は缶ビール片手に歩く。通行人はフラフラと歩く姿を横目で眺める。もはや、誰の目にも「普通」ではないのだ。

電車に乗った。彼女から離れたとき、私は大きく深呼吸した。壊れた空間でビールと血がしみ込んだ絨毯を踏み続けた靴下は湿っていた。