内田恭子アナ、男に拉致されかけた恐怖体験を激白!!「一緒に帰ろう」と腕を掴まれる

内田恭子アナ、男に拉致されかけた恐怖体験を激白!!

35460_original


元フジテレビアナウンサーの内田恭子(40)が20日、TBS系「爆報!THEフライデー」に出演。
人気絶頂だった2005年に、見知らぬ男から拉致されかけたという驚きの恐怖体験を激白した。


その男は、スポーツ局の記者を名乗って生放送中のスタジオに入り込んだという。
放送を終えてスタジオを出ようとする内田に歩み寄り、

「一緒に帰りましょう」

と声をかけてきた。

さらに、男は驚くべき行動に出る。
なんと、スタジオ全体に向けて

「今度内田と結婚することになったものです。本当にいつも内田のこと、ありがとうございます」

と自己紹介。

突然のことにスタッフ一同があっけにとられていると、男は突然内田の腕を掴んで「さあ一緒に帰ろうか」と拉致を試みたという。
内田は悲鳴を上げながら逃げ、男は、漸く異変に気付いた番組スタッフに取り押さえられ、警察へ引き渡されたいう。

しかし、ストーカーの恐怖はこれだけではなかった。
自宅マンションのオートロックのインターホンに、ストーカー男から内田宛の手紙が貼ってあったという。

「妄想の世界ですけど、一緒に住んでいる設定になってて。何々買ってくるからちょっと待っててねって」

と、内田は、その恐ろしい手紙の内容を語った。

内田は警察にすべてを報告し、ストーカーの動きは収束した。

「それから会社を辞める日まで、ずっと三宅さんが送ってくれました」


と、退社するまで同局の先輩である三宅正治アナウンサー(54)に自宅まで送ってもらっていたと当時を振り返った。