藤村俊二さんが心不全のため死去 82歳 「おヒョイさん」の愛称で親しまれ、軽妙な味で人気

藤村俊二さん死去 82歳

fujimurasyunji-intai-1


「おヒョイさん」の愛称で親しまれた俳優の藤村俊二さんが1月25日、心不全のため死去した。82歳だった。


藤村さんは神奈川県鎌倉市出身。

体調不良のため、2015年10月で日本テレビ系「ぶらり途中下車の旅」のナレーションを降り、療養生活を送っていた。

2011年10月からナレーションを担当し、好評を博した「ぶらり…」を降板する際、長男で所属事務所の代表を務める亜実さんは

「どこかが悪いというわけではないが、“思うように仕事が出来ないまま、皆さまの前に姿を見せたくない”と言っている」


と説明していた。
原因不明の体調不良で、一昨年10月末から入退院を繰り返していたという。

藤村さんの実父は、東京・有楽町の映画館スバル座やオリオン座などを持っていたスバル興業の社長だった。
藤村さんは小学校から高校まで暁星学園で学び、演出家を目指して早稲田大学第1文学部演劇学科に入学したものの中退。
その後、東宝芸能学校舞踊科に入り直した。

日劇ダンシングチーム12期生として1960年に渡欧したが、あまりのレベルの高さに自らの限界を痛感して舞踊家の道を断念。帰国して振付師に転向した。
ザ・ドリフターズのTBS系大人気番組「8時だョ!全員集合」では民謡「北海盆唄」をアレンジしたオープニング「エンヤーコラヤ ドッコイジャンジャン コーラヤ」を振り付けた。
同番組ではエキストラとしての出演も求められたが、これが嫌で「ひょい」と逃げたことから「おヒョイ」のあだ名がついた。

軽妙でとぼけた味が人気であり、フジテレビ系「なるほどザ・ワールド」、日本テレビ系「ゲバゲバ90分」、TBS系「ぴったしカン・カン」など、バラエティーやクイズ番組に引っ張りだことなる。
1970年公開の映画「青春喜劇・ハレンチ学園」、「喜劇・猪突猛進せよ!!」(71年)や三谷幸喜脚本の「王様のレストラン」(95年)、「古畑任三郎」(96年)などのドラマでも評判を呼んだ。
声優やナレーターとしても才能を存分に発揮した。