福岡 既婚警官が別の女性と披露宴を行なって懲戒処分!!親族を1人も呼ばず、新婦側に問いつめられて発覚

福岡・既婚警官が別の女性と披露宴を行なって懲戒処分

sp_reception_img_02


福岡県警小倉北署に所属する40代の男性巡査部長が昨年末、既婚者であるにもかかわらず未婚の女性と結婚披露宴を開いたとして懲戒処分(減給)を受けていたことが13日、関係者への取材で分かった。


関係者によると、巡査部長は既婚者であることを隠して女性と交際していた。
そして昨年11月下旬ごろ、北九州市若松区の結婚式場で披露宴を開いたが、披露宴に巡査部長の親族が1人も参列しなかったことから女性側の親族が不審に思い、巡査部長を問い詰めたところ既婚者であることを認めたという。

披露宴と同じ日に、巡査部長が自身の親族に「監禁されている」などと電話で助けを求めたため、驚いた親族が110番通報をした。
警察官が駆け付ける騒ぎとなり、問題が明らかになったという。

当時、巡査部長は同署交通課に所属していたが、問題発覚後は自宅で謹慎。県警が詳しい事情を聴いていた。

西日本新聞の取材に対し、県警監察官室は

「発表事案ではないため、コメントは差し控えたい」


とした。

処分は今月9日付けだという。