森尾由美 離婚の危機あったことを明かす!原因は「教育方針」の違い

森尾由美 離婚の危機あったことを明かす

morio-yumi-01


タレントの森尾由美(50)が22日、フジテレビ系「モシモノふたり」に出演。
1992年に結婚した夫との離婚危機があったことを明かした。


80年代に一世を風靡した元アイドルの森尾。
離婚危機の理由は「子供(2人の娘)の教育方針を巡って」のものだったという。
森尾の夫はアメリカ育ちであり、

「ずっとアメリカで生活してきてるから、アメリカナイズされてる。(子供たちも)日本とアメリカ、行ったり来たりしたらいい、という考えで。そこでもめたりするわけですよ」

と語った。

離婚となれば経済的な問題がふりかかるため、離婚に向けて、まず夫と別口座を作ろうと決意したが、家も銀行も全て夫婦名義で分けることができなかったそうだ。
「それでくじけてしまって」と森尾は話し、当時はまだ子供も小さく、母親に相談したところ「3年ガマンしなさい」との返事が返ってきた。その言葉通り、

「3年たったら(離婚したいとの思いが)浄化された」


とのこと。

さらに、3年の間に夫が森尾の思いに気付き、子育て方針について譲歩してくれたということを笑顔で明かした。