星野源や千原ジュニアも…清水富美加の出家で大迷惑している芸能人たち!その理由は?

C0XKhX8VQAEpdBy
清水富美加の出家で大迷惑している芸能人たち

C0XKhX8VQAEpdBy


2月21日、ロックバンド・KANA-BOONのベーシストをつとめる飯田祐馬が、宗教団体「幸福の科学」への出家を表明した女優・清水富美加と、過去に不倫関係であったことを謝罪した。
飯田は、既婚の身であることを清水に隠して交際していたという。



「飯田はバンドの公式サイトに、『私は、既婚の身でありながら、そのことを隠し、2015年6月から、清水さんと交際を始めました』『清水さんに対する自分の気持ちを断ち切ることができず、妻との離婚をほのめかしつつ、2016年1月まで交際関係を続けてしまいました』と謝罪コメントを発表しました。先日発売された清水の告白本にて、音楽関係者との不貞に関する記述があったため、マスコミに特定される前に公表したのでしょう」(芸能記者)


清水は急遽出版した告白本の中で、「悩みの種だった好きな人のことも忘れた」と綴ったことから、その相手の予想がされていた。
実は既婚者であると告げられても関係を続けていた清水にも非はあるが、はじめから真実を伝えなかった飯田が最も悪い。

しかし、この清水の出家騒動で思わぬとばっちりを受けている芸能人たちがいるという。

「今回の不貞騒動は当初、清水が告白本で名前を明かしていなかったため、様々なバンドマンに疑いが飛び火。人気バンド・Acid Black Cherryの運営は、公式ツイッターで「(メンバーの)yasuさんは、既婚者でもありません(笑)」とわざわざ否定する事態になりました。また不貞以外でも、歌手の星野源は『幸福の科学』の大川隆法総裁による『守護霊インタビュー本』が勝手に発売されていたことで、一部のファンが清水と同じ信者だと勘違い。さらに千原ジュニアの主演映画は、清水が重要な役で出演していたことで、作品自体がお蔵入りの危機になっています」(前出・芸能記者)



映画やドラマなどの降板も充分迷惑がかかるが、勝手に守護霊までインタビューしたうえで本まで出版された星野は迷惑極まりない話だ。
今後は宗教家として活動していく清水だが、彼女の与えた影響はまだまだおさまらない。

C0XKhX8VQAEpdBy