コンゴ民主共和国・複数名の”エボラ出血熱”患者!また新たなアウトブレークか「過小評価は禁物」

コンゴ民主共和国で、複数名の”エボラ出血熱”患者

2014年、エボラ出血熱が西アフリカで大ブレークした。
そちらは2016年になんとか終息宣言となっていたが、このほどコンゴ民主共和国で、また新たに患者が確認されたという。

世界保健機関(WHO)の報告をもとに、『UN News』が大きく伝えている。