日本だけじゃない!?アメリカでも多いゴミ屋敷とその種類。

hoader^j
hoader^j

日本でも社会問題になっている「ゴミ屋敷」
物が捨てられず生活スペースを大きく越えて近隣住民に迷惑がかかっている。

そんな人々は日本だけではなく海外にもたくさん居るのです!

”ホーダー”たち


英語でHoarderと書くが、意味は片付けられない人という意味。
アメリカではホーダーは脅迫性貯蔵症という病気と考えられている。

両親や妻や夫など親しい人との死別をキッカケにホーダーとなってしまうケースが多い。

まさかの・・・ビックリ”ホーダー”!?


アメリカ在住のテリーさんは何と、猫の死骸ホーダーだったのです・・・。
見るに耐えかね、清掃作業員がテリーさんの家を訪れた時49匹いる中で18匹は生存していましたが
それ以外は冷蔵庫で保存されていました・・・しかもリスやうさぎや鳥も居たそう!!!
その後彼女は逮捕されました。



分けられる?アメリカでの”ホーダー”タイプ!


・動物ホーダー
自分で管理できない程の動物をもらったりし、結局病気になったりして死亡。
それらを放置するのにどんどんと新しくもってきたり増やしたりするので悪循環。

・ブックホーダー又は、情報ホーダー
書籍や、新聞紙等、何らかの興味のある情報が書いてある紙を捨てれない。
これらは学業成績が優秀だったり、知能指数の高い人に多い傾向にある。

・ゴミホーダー
日本で言うゴミ屋敷はこれに当たる。
機能していない物、ガラクタを収集。これらのおおくは汚染されている。
精神的な面でもケアが必要。

・買いだめホーダー
主に食料品、生活必需品等。
無くなったらどうしようという強迫観念の元に起きる。

・リサイクルホーダー
空き缶や瓶はリサイクル業者に持っていけばお金にもなる。
リサイクルホーダーはこのような品を必要以上に溜め込みいつまでも持っていくことはない。

・コレクターホーダー
美術品等。経済的に人間らしい生活がままならなくなっても続けてしまう。

出典:HOARDERS.COM


一筋縄ではいかないゴミ屋敷問題。
アメリカでは精神的な救済と同時に行っているみたいですね。

観覧注意!過去最高のホーダー・・・
hoader^j