あの企業はなぜあの名前に?名前の由来を調べてみた。

nike-j
nike-j

NIKE


ギリシア神話に登場する勝利の女神 “ニーケー” に由来。ロゴマークの “スウッシュ” は、この女神の彫像の翼が元となっているという。ちなみに、このロゴはグラフィックデザインを勉強していた学生キャロライン・デビッドソンによってデザインされたのだが、彼女に支払われたデザイン料は35ドル(約3500円)だったという。


何とあのカッコイイロゴに支払われたデザイン料が3500円なんて・・・

コカ・コーラ


コカの葉とコーラの実を原材料に使っていたことからこの名が付けられた。コーラの実は英語で「Kola nut」と書くが、“K” を “C” としたほうが見た目が良いという理由から『Coca-Cola』になった。また、今でもおなじみの筆記体で流れるようなロゴは、コカ・コーラの生みの親ジョン・ペンバートン博士の経理を担当していたフランク・ロビンソンが書いたものである。


Pepsi


消化酵素「ペプシン」から名付けられたとのこと。アメリカの薬剤師キャレブ・ブレッドハムが調合した消化不良の治療薬に由来する。


Adobe


カリフォルニア州ポロアルトのアドビ川に由来している。アドビシステムズの設立者であるジョン・ワーノックの自宅の裏をこのアドビ川が流れていたことから、社名となった。




Amazon


当初、「Cadabra.com」との社名だったが、英語で “死体” を意味する “cadaver” と音が似ていたため、「Amazon.com」に変更された。創設者のベゾスは、1番目のアルファベッドである “A” から始まる名にしたいと思っていたところ、“Amazon” という言葉を発見したのだとか。

“Amazon” には「エキゾチック、独特な、様々な」という意味があり、会社のイメージにピッタリだったことから採用。また、ベゾスは世界で1番長い川を「アマゾン川」と勘違いしていたようだが、実際はナイル川が世界最長。しかし、水量はアマゾンの方が圧倒的に多いという。


Starbucks


ハーマン・メルヴィルの長編小説『白鯨』に登場する一等航海士スターバックに由来する。また、あの緑のロゴに描かれているのは、ギリシア神話に登場する海の怪獣 “セイレーン”。


Skype


当初は、“sky(空)” と “peer(同等の人)” を組み合わせて「Skyper」としていたのだが、ドメインがすでに取得されていたので、“ r ” を取って、「Skype」となった。


セブン・イレブン


“朝7時から夜11時までの営業時間” が由来となっている社名。「セブン・イレブン」になる前の店は、元々サウスランド・アイス社の氷販売店だったのだ。ところが、客からの要望に応えて氷の他にもパンや卵などの食品も置くようになって、「コンビニエンスストア」へと発展していったとのこと。1946年に「セブン・イレブン」に変更するまでは、「トーテム・ストア」と呼ばれていたという。



nike-j