超万能!世界が嫉妬する「スライス生チョコレート」が最高な理由。

buru-j
buru-j

シートタイプのとろけるチーズが万能なのは皆さんもご存知だろう。

自分の家でも切らさない必需品の一つでもある。

そんなとろけるチーズのチョコレートバージョンが「ブルボン」から発売され、それが瞬く間に話題になり海外んも飛び火し「何コレ!?こんなの今まで無かった!」「食べたい!欲しい!」とむしろ欧米人気の方が高まっている。

cho-j

それもそのはず、欧米人(アメリカ圏・オセアニア圏・ヨーロッパ圏)が共通して愛してやまないのがヌテラなんだから
nu-j
それがもっと濃厚になったスライス生チョコなんてアツい、アツすぎるのもわかる。

柔らかい

その魅力の一つが柔らかさだ。
生チョコというのだからやっぱり柔らかいので型が変幻自在である。

シートとしてそのまま使うのもいいが、型を変えてオリジナルで作れる楽しみもある。

溶ける

柔らかい生チョコなだけに熱々のトーストの上に乗っければとろっと溶ける。
普通のチョコレートを溶かそうとすると焼きすぎたり、そんな心配もご無用である。
また、まったりと濃厚なフレーバーも病みつきな原因の一つである。

手が汚れない

一つ一つフィルムに包まれているので手が汚れない上に、少しを使っても後のチョコが劣化しなくてすむのでチョコだけにちょこちょこ食べれる。

はあ、食べたい。今週末買って帰ろう。

buru-j