【放送事故の巨匠】平野レミが魅せるエキセントリックな料理たち。

remi-jt

料理家だからっていつも美味しくて素敵な料理を作るわけではない。

失敗だってする。

だが平野先生はやや強行突破気味なところがある。

そんなレミちゃんだがシャンソン歌手でもあり、楽観的な性格で憎めないところもまた良い。

過去話題となった殿堂入り料理をここで一挙公開しよう。

超簡単コロッケ


remi-j

この事件は朝の情報番組、あさイチで起こってしまった。

途中までは至って順調だったらしいが・・・途中で何を思ったのかレミちゃんじゃがいもの皮を剥き、軽くつぶしたところで突然「盛りつけますか!」と言い出した。

共演者らは驚きを隠せいない様子で何度か確認するも迷いはないみたい。

だがレミちゃんは全て盛り付けコーンフレークを楽しそうに振りかけてこう言い放った。

「食べればコロッケよ!!!」

まるごとブロッコリーのたらこソース


remi-j4

これこそ正に放送事故と騒がれた逸品である。
これまた事故現場は同じくして「あさイチ」で起こってしまった。

単に茹でたブロッコリーを切ったりせず皿の上に乗せてたらこソースを豪快に垂らし始めた。

「!?!?!?!?!?」アシスタントのアナウンサーも驚きが隠せない。

そしてレミちゃんは言い放った。

「完成でーーーす(ドヤ)」

remi-j3

これにはスタジオだけでなくネット上でも爆笑が絶えなかった。
平野レミ料理の歴史に刻まれた伝説である。



爆笑でしかない20分間クリスマスリースチキン献立


つい数日前放送されたこの番組ですが物凄いツッコミどころが多すぎて反響を呼んでいます。
というかもう放送前からレミさんが20分で4品作るという事で超注目度が高まってましたが、彼女は期待を裏切らなかった。



・クリスマスリースチキン
・帆立の缶たんパスタ
・うまいったけアヒージョ
・パリパリ白菜サラダ

レミちゃんまず冒頭からやってくれました。
いきなりフライングして後藤アナウンサーに怒られるも「いいじゃないこれぐらい」と反論。



その後も伝説が続きすぎて全て話す事は尺的に不可能なほど。

鶏肉を焼きすぎて「うわー焦げちゃった」「東京なのにパリってなってんの!!!」
まさかの料理愛好家がまな板を落とす(笑)これに対して「いっけね!カットよ、ここカット!」そしてがっつり使われる。
「片付けしないとNHKに怒られちゃうからね!じゃないと投書がくるんだって!」
そして完成でーす!の声の後にどんがらがっしゃーーんと

もはやコントである。

早くこの動画が見たくてたまらない。

無理があるキャベツ


実はNHKのきょうの料理では前もやらかしていた。

remi-j5

入ってない・・・・・・



最高です。