先天性脳性麻痺を患っていたポール・スミスさんの作品。この絵に隠された秘密に驚愕!!!

先天性脳性麻痺を患っていたポール・スミスさんの作品。この絵に隠された秘密に驚愕!!!

ポール・スミスさんは脳性麻痺を持って生まれました。
子供の頃は彼がしっかり大人になるまで生き延びられるとは誰も思っていませんでした。

喋るのに16年かかり、歩くのにも同じくらいの年月が必要だったのです。

人生のほとんどを養護施設で過ごしました。
そんなポール・スミスさんが驚愕の技術で絵を描くようになります。

その作品の素晴らしさ...
しかも、こんな方法で描くなんて...

ただただ驚くばかりです。


Posted by ヘフティヒ・ビデオ on 2015年12月23日


文字も読めない彼がタイプライターで素晴らしい作品を作るとは誰にも想像できませんでした。
想像を絶する努力が素晴らしい作品を生んだのでしょう。
どれだけ時間を費やされたかを想像することは我々にはできません。

残念ながらポール・スミスさんは既に亡くなられました。
しかし多くの絵やビデオが残っています。

ポールさんの偉業を称えるために、少しでも多くの人にこの作品を知っていただきたいですね。