今時は週休3日制だろ!劇的に生産性が上がったと言われている新制度とは?

job-j

「ユニクロ」を展開するファーストリテーリングは、10月から地域正社員約1万人を対象に週休3日制を導入する。子育てや介護など、家庭の事情で仕事を続けるのが困難な社員の両立支援が狙いだ。「変形労働時間制」を活用し、1日10時間労働とするため、週4日勤務でも給与面での変更は基本ない。


オンラインゲーム開発・販売を手掛ける(株)シグナルトークでは、社員に豊富な働き方の選択肢を与え、人材確保を実現している。働き方を選択できる。「FreeWorking制度」と呼ばれるもので、社員は在宅に加え、週休2日、週休3日、週休4日、さらに業務委託など社員が働き方を自在に選択できる。さすがに給与は、それぞれに差があるが、明確な数値で公平に明細を設定する。




実は知らないところでもどんどん変わっている「働き方」

様々な研究機関でかなり昔から言われている事だが、

”労働時間を減らすとサボる時間が増えるが、労働日数を増やせば生産性が上がる。”

というのは有名な話である。

大手企業でどんどん実施される「週休三日」についてどう思いますか?



幸福度ランキングで常に上位のオランダは週休3日制の企業が多いのだとか。

日本は例外でしょ?いいえ、日本企業も動き出しているのです。

無駄にダラダラと働くことで会社のメリットになる事はほぼないと言えるでしょう。
鬼のように働く「戦後的思考」はもう過去のもの。

あなたの企業ではどうでしょう?
残業、土日出勤は当たり前?サービス残業?

もしかしたら数年後逆に取り残されているかもしれない!?