「SMAP解散」キムタク以外独立報道のまとめ。女性マネージャー飯島三智とは?

SMAP解散
SMAP解散

2016年1月13日朝刊の日刊スポーツ・スポニチが「SMAP解散」を見出し一面で報じました!

朝から日本中に激震が走り大きな注目を集めています。
SMAP育ての親と言われる女性マネジャーの飯島三智さんがジャニーズ事務所の子会社の取締役を辞任。
来月に同事務所を退社予定であることが今回の騒動の起因。

そこで、本件に関する報道内容、世間の反応と「飯島三智さんとは何者?」についてまとめてみました。

日刊スポーツニュース

日刊スポーツは解散!と言いきっています。

国民的人気グループSMAPの中居正広(43)稲垣吾郎(42)草なぎ剛(41)香取慎吾(38)が、ジャニーズ事務所から独立することが12日、分かった。木村拓哉(43)は事務所に残る方向だが、グループはこれで事実上の解散となる。

安定した人気を誇り、今も第一線で活躍中のスーパーグループ、SMAPの解散が決定的になった。解散の時期は未定だが、結論は出ている。木村がジャニーズ事務所に残留し、ほかのメンバー4人が事務所を退社、独立する意思を固めている。ある関係者は「協議中」としながらも、「そういった話があるのは事実です」と証言した。

 協議は半年以上に及んでいるが、メンバー全員が昨年末までに、それぞれの去就について決断を下した。

 背景には「SMAP育ての親」といわれる女性チーフマネジャーの去就が関係している。チーフマネジャーは既に、SMAPの活動を取り扱うジャニーズ事務所の関連会社「ジェイ・ドリーム」の役員を辞任しており、近くジャニーズ事務所も退社する意思を固めている。

SMAP消滅で業界混乱…29年目5人の衝撃的決断

SMAPの事実上の解散が明らかになり、芸能界はもちろん、広告業界、スポーツ界など各方面に多大な影響が及ぶことは必至となった。フジテレビ系の人気長寿番組「SMAP×SMAP」(月曜午後10時)の存続はもちろん、SMAPブランドを活用したビジネスは多岐にわたっており、エンターテインメント業界全体が対応に迫られる。

スポニチ

スポニチは解散ではなく、分裂危機と報道しています。
スポニチ

SMAP分裂 引き金は週刊誌のメリー喜多川副社長インタビュー

SMAPの分裂劇が勃発したのは昨年8月ごろ。これに先立って週刊誌に掲載されたメリー喜多川副社長のインタビューをめぐり、大きな溝ができたことが引き金だ。

 もともと女性マネジャーはSMAPを国民的グループに育てあげテレビ局などに対し大きな力を持つようになり、メリー氏の長女で、同じく同事務所副社長のジュリー藤島氏と確執があるとささやかれていた。

 この状況を週刊誌が「後継者争い」と誤ったとらえ方をしたことにメリー氏が激怒。インタビューの席に女性マネジャーを呼び出し「(事務所を)出ていってもらう!」と叱責(しっせき)。このてん末が誌面に掲載され、女性マネジャーは「もう事務所には残れない」と周囲に漏らすようになった。

 女性マネジャーが退社後、いったん芸能界から身を引くという情報もある。退社のタイミングとなっている2月半ばまで1カ月以上。今後、どんな形で話が進むのか日本中の注目が集まる。

SMAPの分裂、解散危機が報じられた13日、ジャニーズ事務所所属の「TOKIO」国分太一(41)がMCを務めるTBS系「白熱ライブ ビビット」(月~金曜前8・00)に出演。報道について「僕も今朝の新聞を見て知ったので率直に言って驚いています」とコメントした。

「SMAPのメンバーがまだ何も語っていないので僕自身、いま語れることがないです。昨年の紅白歌合戦のときにも話をしたが、SMAPメンバーからそういう素振りは感じなかったので報道は驚きました」と率直な心情を明かした。

SMAP解散説に対するネット上の反応

女性マネージャー飯島三智とは?

ジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」の取締役で、SMAPの育ての親と呼ばれているということから、SMAPのマネージメントを担当している飯島三智氏。
今回の報道によると、キムタク以外の4人は飯島氏が独立する会社に所属予定とありますが、いったい飯島三智は何者なのか調べてみました。


SMAP解散