ベッキー全く反省していなかった。謝罪会見前日のゲスいLINE内容を週刊文春が掲載!大炎上!!

ベッキー

1月7日発売の「週刊文春」報道により明るみになった、タレントのベッキーとゲスの極み乙女川谷絵音の不倫問題。
大きな話題となっていましたが、SMAP解散問題等の大きなニュースが続出し話題は沈静化され、ベッキーの陰謀とまでささやかれていたのですが...

再度、この問題が浮上する事になりました!!
今話題になっているのが21日発売の「週刊文春」最新号。

超弩級の『文春砲』を炸裂させ、ネット上ではベッキーの終焉を決定付ける1発だと話題沸騰です。

最新号に掲載されたのは「『ありがとう文春!』だってゲス&ベッキー“禁断愛”は終わらない」と題する記事。
なんとベッキーが謝罪会見を開いた1月6日の前日に交わされた2人のラインのやり取りがスクリーンショットと共に掲載されているという、衝撃の内容だったのです!!

この衝撃の内容を見たネット上の反応



・これはシャレにならんやつやつ
・文春、有能。毎回追い打ちを用意する手際の良さ
・まあオーストラリアに遊びに行ってる時点で反省はしてへんわな
・てかどうやって入手してんのこれ……
・センテンススプリングだからしょうがないね
・ありがとう文春!
・もう終わりやね
・ベッキー怖いわ
・神の力で火消ししたかと思えば自分から燃えにいくのか
・スケベッキー
・擁護派だったワイ無能
・このテンションで会見してれば許されたのに




こちらが掲載された内容です。

週刊文春

ゲス川谷「逆に堂々とできるキッカケになるかも」

ベッキー「私はそう思ってるよ」

ゲス川谷「よし! 」

ベッキー「そうとしか思えない」

ゲス川谷「ありがとう文春!」

ベッキー「オフィシャルになるだけ!」

ベッキー「ありがとう文春!」

ゲス川谷「感謝しよう!」

ベッキー「うん!」

ベッキー「それに不倫じゃありません!」

ゲス川谷「うん!」

ベッキー「略奪でもありません!」

ゲス川谷「うん!」

僕「不倫でも略奪でもなかったらなんなの」

ベッキー「センテンス スプリング!」