錦織圭、ストレート負けで初戦敗退!!怒りでラケットを破壊する

錦織圭、怒りでラケットを破壊!!

maxresdefault


男子テニスのリオ・オープン(ブラジル/ リオデジャネイロ、レッドクレー、ATP500)は21日、シングルス1回戦が行われた。
第1シードの錦織圭選手は、世界ランク76位のT・ベルッチ(ブラジル)に4-6, 3-6のストレートで敗れ、初戦敗退という結果に。

第1セットを落とした時には怒りでラケットを破壊するという行動に出た。



この日、クレーコートを得意とするベルッチのストロークに押された錦織は、第9ゲームでブレークを許す。続く第10ゲームでサービスキープされると怒りをあらわにし、第1セットを落とす。

続く第2セットも試合の流れが地元のベルッチに傾き、錦織は第1ゲームでブレークされる。第4ゲームでは粘りを見せてベルッチのミスを誘いブレークバックに成功するも、その後の第7ゲームで再びブレークを許して、初戦で姿を消した。

世界ランク5位の錦織は、今季開幕戦のブリスベン国際(オーストラリア/ ブリスベン、ハード、ATP250)で準優勝、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランド スラム)では4回戦でR・フェデラー(スイス)に敗れたが6年連続でベスト16に進出。

今年は、4連覇を達成したメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、ATP250)をスキップしてアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、ATP250)とリオ・オープンのクレー2大会に出場。

前週のアルゼンチン・オープンでは、決勝で過去5連勝中のA・ドルゴポロフ(ウクライナ)にストレートで敗れたが、今季2度目の準優勝を飾っていた。

一方、勝利したベルッチは、2回戦で世界ランク85位のT・モンテイロ(ブラジル)と対戦する。

今大会の上位シード勢では昨年覇者で第3シードのP・クエバス(ウルグアイ)と第8シードのJ・ソウサ(ポルトガル)も初戦で敗れている。