オリラジ中田のピコ太郎”敵視”が痛い!!まるでミュージシャンのような態度に、正直周囲は呆れ気味?

ビルボードのシングルチャート77位!!

piko-1060x556


彗星の如く現れた古坂大魔王扮する「ピコ太郎」の快進撃が止まらない。
世界134ヶ国に配信したデビュー曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」は、アメリカ・ビルボードのシングルチャート77位にランクインするなど、グローバルにヒット中。
まさかまさかの事態に、所属事務所のエイベックスは大慌てだという。

人気に火が付いた理由は、今年の9月末に、9000万人近くのフォロワーがいる歌手のジャスティン・ビーバーがTwitterでピコ太郎のPPAPを「俺の大好きな動画」と紹介したことがきっかけ。

音楽関係者は、

「ピコ太郎のブレークで、誰よりも慌てふためいたのがエイベックス。ヒットした時の体制をまったく整えていなかったから。今はピコ太郎がすっかりお気に入りとなった松浦勝人社長が事細かく各部署に指令を出して、ブームをさらに広げようとしている。例年、この時期は紅白歌合戦にレコード大賞とレコード会社にとっては1年でもっとも忙しい時期だが、エイベックスとしては何よりもピコ太郎優先。エイベックスとしては久々に登場した自社がマネジメントする期待の歌手だから。もちろん紅白出場に向けても動いている」


と話す。

だが、予想外かつ大きなライバルの出現に、オリエンタルラジオの中田敦彦が本気で嫌悪感を見せているという。

その理由が、こちら。


perfect-human


オリエンタルラジオは、中田の実弟らとともに「RADIO FISH」という音楽ユニットを結成。
今年上半期には「PERFECT HUMAN」が大ヒットした。

本人たちは紅白出場を口にしているが、ピコ太郎の出現でかなり怪しくなっているのが現状だ。
先日行われたCDのリリースイベントで、中田は

「ピコ太郎さんとはバチバチに争って紅白をいただきたいと思います」


とライバル宣言。

だが、中田のピコ太郎に対する本心は少々違ったものだという。
あるお笑い関係者が口を開いた。

「中田としてはRADIO FISHは真剣に音楽に取り組んでいるユニットであり、お笑い歌手のピコ太郎とはまったく別物という考えです。芸人による音楽活動ということで一緒にされがちですが、それを中田はもっとも嫌がる。彼の中では音楽に対する取り組みがまったく違うということになっているので……。まるでミュージシャンのような態度に、正直周囲は呆れ気味です」



もともとはお笑い芸人なだけに、中田のミュージシャンとしての振る舞いには少々疑問が残る人もいるのだろう。
今年の紅白出場は、果たしてどちらの手に渡るのだろうか。