藤井フミヤが目黒区内の豪邸を約10億円で売り出すに至った切実すぎる事情とは?週刊女性が直撃インタビュー!!

%e8%97%a4%e4%ba%95%e3%83%95%e3%83%9f%e3%83%a4
藤井フミヤ、大豪邸をどうして売ってしまうの?

cached


東京・目黒区の閑静な住宅街にある藤井フミヤの自宅兼事務所は、1988年4月に建てられた。
敷地はおよそ110坪、地上3階、地下1階の豪邸で4台の車が駐車できるスペースがある。

その後、2003年にはほど近い場所に一軒家を建て引っ越すと、以降は事務所として長らく使用していた。
しかし、最近は人が出入りしている気配がまったくないという。

実は、藤井はこの豪邸をおよそ10億円で売りに出しているという。
近隣に住む男性はこう話す。


62a048e262872a81d9123878e572f55e_content


「“FOR RENT”の掲示が玄関口に貼られています。売ってしまったんでしょう。なぜ、あんなにイイ物件を売ってしまったのか不思議ですね。かなり昔のことですけど、ボヤ騒ぎを起こしてしまったことがあります。

そのことで、フミヤさんがご近所の人たちに気を遣ってらっしゃったというのは聞いたことがありますね」



周囲の目が気になってしまったということなのか。売却したのは昨年末のことだという。

また、不動産関係者と芸能プロ関係者は物件についてこう語る。

「フミヤさんが出て行ってから、家賃月300万円の賃貸物件として公開されていました。事務所利用に限るということだったんですが、借り手が見つかりませんでした。現在は、住居利用限定で土地と建物を含め、約10億円で売りに出されているそうです」(不動産関係者)

「フミヤさんや事務所の社長は、かなり前から移転を考えていたそうです。現在は、港区内のとあるビルの4階に新しい事務所があります。約40坪で、家賃は55万円ほど。事務所としてはコンパクトですね」(芸能プロ関係者)



環境は良いが、駅からは少し距離のある場所。オフィスに向いているとは言えないのかもしれない。

週刊女性は、10月下旬、ライブから帰宅した藤井を直撃した。
その日の藤井は黒いパンツにグレーのパーカーというラフな服装で、会場でもらった花束を抱えていた。


44e19f26b099565eaa3a5b3a54f86f26_content


─『週刊女性』ですが……。

「え! は!? 俺、何かやったの……?」

 不倫騒動が続いているだけに、警戒されてしまったようだ。来意を伝えると、冷静に質問に答えてくれた。

─目黒区にあった自宅兼事務所の豪邸を昨年末に売りに出しましたよね?

「売りましたよ。築28年で物件が古くなったので、売りに出しました」



─古くなったからとは?

「ずっと使い続けようと思ってたんですが、雨漏りするようになって。修理して使っていたんだけど、直し続けていくのはお金もかかるし大変なんですよ」

─ボヤ騒ぎがあったことを気にしていたという話を聞きましたが……。

「あー、そんなこともありましたね。カミさんが天ぷらを揚げていてセコムが煙に反応しちゃったんです(笑)。家を買った当初の話で、今回の売却には関係ないですよ」

 たまたま売却の話がまとまったのだという。ただ、事務所が狭くなってしまったのは不便ではないのだろうか。

「今の事務所は前より全然狭いですよ。ただ、だんだん仕事の規模は小さくなってきています。もうちょっとこぢんまりした事務所にして動きやすくしたほうがいいんじゃないかと思ったんですよ」



アイドルからアーティストになり、仕事の進め方も変わってきたのだろう。
現在9月から始まったコンサートツアーの真っ最中で、どの会場も満席となっている。
フジテレビアナウンサーとして活躍する息子の弘輝に負けてはいられないのだ。
%e8%97%a4%e4%ba%95%e3%83%95%e3%83%9f%e3%83%a4