総収入は150億!?3位タモリ「副業で大儲けしててビックリな芸能人」の第1位は

副業をしている芸能人って、意外と多いんです!

120220_222907

120220_222907


出典:わだ家


芸能界というところはたいへん浮き沈みの激しい世界で、月収何千万というお笑い芸人が一気に月給数万円に転落したり、自身の番組が突然打ち切りなどによって収入がなくなることもある、何の保証もない世界です。

そんな業界に不安を感じてという理由や、もともとの趣味が高じてなどの理由でお店を出すなど”副業”をしている芸能人も、実は多いのです!!

上記の画像は和田アキ子がオーナーをつとめる豚しゃぶしゃぶと創作和菜が楽しめる「わだ家」というお店です。

そこで『VenusTap』は男女500名を対象に「芸能活動以外の副業で大きく儲けているとされる芸能人で、最もビックリなのは?」というアンケート調査を実施。
気になる調査結果を参考に、大成功を収める実業家芸能人を探っていきましょう!


3位 タモリ

maxresdefault


3位にランクインしたのは、“総収入150億円”ともいわれる、異次元の額を稼ぐタモリ!!

「適当そうに見えてしっかり副業していたことにビックリ」
「司会で忙しいのに、副業までしていると思わなかった」


など、驚きの声が相次ぐ結果に。

全盛期にはフジテレビ系『笑っていいとも!』のギャラが、1日300万にものぼったと噂されるが、その資金を運用し、副業ビジネスを始めたという。

その内容は地元・福岡で駐車場を経営したり、静岡県内でお好み焼き・もんじゃ焼きの店を経営していたり。
ジャズレーベル『ONE』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めていたこともあったという。
食通で知られるタモリが経営するお好み焼き屋なら、きっとおいしいはず!!

2位 千秋

default_13289cc627f1690233cbb2162de9f0ba


続いて2位にランクインしたのは、ママタレ界一のビジネスセンスを誇るとされるタレントの千秋。

「“ぷぅ”とか言って天然な感じはキャラだったのか!」
「不思議ちゃんで売ってたのに、実はキレ者だったなんて」
「ウリナリに出ていたときは、こんなスゴ腕経営者になるとは思わなかった」


と、タレントとのギャップに驚く声が。

千秋は2004年に子ども服ブランド『Ribbon Casket(リボンキャスケット)』を立ち上げ、その年商は50億円とのこと!!
さらに2012年からは、パワーストーンのネット販売会社『Love Stone』も設立。こちらは1日に200万円以上を売り上げているのだとか。

そんな千秋は、日本板硝子という東証一部上場企業の会長を務めあげた藤本勝司氏を父に持つ生粋のお嬢様。
その商才は血筋なのかもしれませんね!

1位 天野ひろゆき

maxresdefault-1


驚きの1位にランクインしたのは、投資家という肩書きが意外すぎるお笑いコンビ・キャイ~ンの天野ひろゆき。
株式投資や不動産投資による資産運用を熱心にしていることを、たびたびテレビや雑誌のインタビューで明かしています。一説にはマンションを3部屋持っていたり、株の売買で儲けたりして“資産10億”という噂も……。

「お笑いと料理上手のイメージしかなかったからビックリ」
「たま~に秋元先生に見えるときがあるけれど、投資家で成功していると思ったら急にカッコよく見えてきた」
「家庭的そうなイメージはあったけれど、不動産投資は想像できなかった。言われてみれば、確かにすごい福耳!」


など、投資家としてのイメージがほとんど定着していないためか、本当に驚いているという声が続出。

そんな天野の財テクデビューは、26歳の時。
初めてマンションを買ったことを『投資信託協会』のサイトで語っています。
それから財テクにハマったようで昨年放送されたフジテレビ系『27時間テレビ』にて、他番組のロケの際に不動産屋に立ち寄ると、仕事そっちのけで相談していたことを暴露されていました。
今後はさらにマンションを買い足して、10億どころかさらに資産を増やしているかもしれませんね!?

ちなみに4位の保阪尚希は、自身がプロデュースする電子レンジ用調理器具が、1日に1億5千万円以上を売り上げたこともあるそう。5位のヒロミはトレーニングスタジオを経営。その年収は3億円以上と言われています。

皆さん、普段のイメージとはまったく違う道でも才能を開花させていたなんて凄すぎます!!