レコ大裏金疑惑LDHの“異常な振る舞い”が暴かれる!女遊び、打ち合わせ中のスマホいじり…「調子に乗ってたバチが当たった」

“レコ大買収疑惑”の波紋

main-1024x778


「週刊文春」(文藝春秋)が報じた“レコ大買収疑惑”の波紋が広がり続けている。

昨年、日本レコード大賞に輝いた「三代目J Soul Brothers(以下、三代目)」が所属する「LDH」から、芸能界のドンこと周防郁雄氏率いる「バーニングプロダクション」に1億円もの裏金が流れていたというものだ。

週刊文春には証拠となる1億円の請求書の写しが掲載されており、もはや「知らぬ存ぜぬ」では済まされない話となった。

しかし、それとは対照的に一部の芸能関係者からは「調子に乗ってたバチが当たった」という意見も……。
LDHの知名度と人気が上がっていくにつれて、メンバーの態度が明らかに横柄になっていったという。


HIROも気を遣う事態に

hiro


「デビュー当時は平身低頭だったメンバーも、売れていくにつれ、仕事先で露骨に気だるそうな顔をするようになった。打ち合わせ中もスマホをイジってるし。LDHのトップであるHIROさんも彼らに気を遣う有様で、それまではHIROさんがOKしていれば良かった案件も、いちいちメンバーに確認を取らなければいけなくなった」



この事実を明かしたのは、音楽関係者。

また、女遊びについてはスポーツ紙記者が語る。

「メンバーには大体複数の女性がいる。8月に登坂広臣とローラの熱愛が女性誌で報じられたが、あんなのはよくあること。AKBと違って恋愛NGではないため、事務所側も『バレないようにうまくやれ』としか言わない」



また、LDHの増長ぶりも目に余っていたという。ワイドショースタッフの話だ。

「親密なのはLDHがまだ売れていない時から協力していたスポーツ報知。先日も海外にアゴ足付きで行ったそうですよ。対照的にテレビにはああしろ、こうしろと指示を出してくる」



スキャンダルをキャッチした週刊誌の編集部に、幹部社員が怒鳴り込んだこともあったという。

極めつけは、EXILEグループ勢揃いの映画「HiGH&LOW THE MOVIE」だ。
この作品はは興行収入10億円を突破。数字的には他にも上はいるが、関連ビジネスなどでLDHはウハウハという。だが、その裏でノイローゼになる宣伝担当者が続出。

「LDH側から『ヒットさせろよ!』『できなかったら、わかってんだろうな!』と連日プレッシャーをかけられ続け、メンタルが崩壊し、病院に駆け込んだ担当者もいたそうです」(業界関係者)



はじめは、純粋に歌と踊りで皆を楽しませたいとの思いからスタートしたであろうLDH。
今こそ初心に返り、ファンやスタッフを傷つけることなく活躍してほしい。