”ホラッチョ”節は健在?ショーンKは今…「テレビ、ラジオの仕事やキャスター業の依頼も殺到している」って本当?

学歴詐称で問題になったショーンK

shonkawakami-8
出典:netgeek


今年の3月に経歴詐称疑惑が報じられ、テレビ朝日系『報道ステーション』など6番組を降板し、表舞台から姿を消したショーンKこと、ショーン・マクアードル川上(48)。

「4月から僕はどうやって生活したらいいんだ…」と嘆いているとの噂もあったが、その彼は今、どうしているのだろうか?

所属事務所の関係者は、意外なことを語った。


仕事の依頼が殺到!?

uƒˆƒŠƒ‚Eƒg[ƒNƒZƒbƒVƒ‡ƒ“gŒƒkŒoÏ‚Q‚O‚P‚Ohv‚ÅŽi‰ï‚𖱂߂½ƒVƒ‡[ƒ“‚jŽB“Œ‹žEŠÛ‚Ì“à‚Ì“Œ‹ž‘ÛƒtƒH[ƒ‰ƒ€‚ŁB‚Q‚O‚P‚O”N‚P‚QŒŽ‚P‚R“úŽB‰eB‚Q‚O‚P‚P”N‚PŒŽ‚P‚P“ú’©Š§uƒˆƒŠƒ‚Eƒg[ƒNƒZƒbƒVƒ‡ƒ“vŒfÚBžƒVƒ‡[ƒ“‚j@Œo‰cƒRƒ“ƒTƒ‹ƒ^ƒ“ƒgBŠé‹Æ‚̐헪ƒRƒ“ƒTƒ‹ƒeƒBƒ“ƒO‚È‚Ç‚ðŽè‚ª‚¯‚é–T‚çAƒeƒŒƒrEƒ‰ƒWƒI‚̃LƒƒƒXƒ^[‚Æ‚µ‚Ä‚àŠˆ–ô‚µ‚Ä‚¢‚éB

「(本業の)経営コンサルタントの仕事は、(騒動前と)変わらず順調そのもの。キャンセルしてきたクライアントも、いっさいありません。テレビ、ラジオの仕事やキャスター業の依頼も殺到していますけどね。彼が“放送関係は当分やりたくない”というので、事務所のほうで仕事を断っているんですよ」

「暮らしにだって、全然困っていませんよ」



なんと、ショーンは所属事務所にも頻繁に打ち合わせに訪れるという。

だが、ショーンの友人の1人は、まったく真逆のことを話した。

「僕ら友達やDJ仲間との連絡も途絶えてるんです。“都内でウィークリー・マンションを借りて潜んでいるらしい”なんて噂だけが回って、誰も彼の姿を見ていません」



とても“仕事に飛び回ってるとは考えられない”と友人は言う。
ところが、前出の事務所関係者からはさらに驚くべき言葉も飛び出した。

「だいたいね、あの騒動はショーンこそが被害者なんですよ。彼は嘘もついてなかったし、世間を騙したこともない。みんな、マスコミがつくったストーリーじゃないですか。学歴も彼が自分で言っていたことじゃない。回りが勝手に書いたり言ったりしてただけ。それが孫引きされたりで、どんどん事実とかけ離れていったんでしょう」



それなら今年の3月、自分のラジオ番組内で「すべての原因はこの私にあります」と泣いて謝罪したのはなんだったのだろうか。
女性自身はこの関係者に「それはショーンさんの意思でもあるんですか?」と確かめると、こう答えた。

「そうですよ。“(マスコミから)まったく話にならない作り話をされた。相手にする気もない”と言ってます」



騒動から7カ月が経つが、“ホラッチョ”は反省ゼロだったようだ――。