香取はリバウンドだけど、キムタクは激ヤセで倒れる寸前?SMAP解散前で木村拓哉の”心労”がピークに

キムタク、言葉を詰まらせる

smap-kaisan-004


解散まで残り2ヶ月を切ったSMAPの木村拓哉(43)が、ラジオでその複雑な胸中を吐露し、様々な憶測が飛び交っている。
SMAPメンバーが交代でパーソナリティを務めるラジオ番組『おはようSMAP』(TOKYO FM)で10月28日放送回を担当した木村拓哉は、「今年中に達成したいこと」というお題に言葉を詰まらせた。

そして一考ののち、こう答えた。


20161030_234524-678x381


「この『おはようSMAP』で、“あと2ヶ月残りあるけどこれを達成したいな”っていうことをいきなりこの『おはようSMAP』で言ったらパンクしそうなので」



これを受けてネット上では、「今でも木村は25周年記念コンサートをしたいと考えているんだ」などの声が挙がったようだ。

今回のSMAP解散報道でただ1人だけ事務所残留を表明し、メンバー間の分裂を生んだとされる木村は戦犯扱いされている。
そのような報道が相次いだためか、最近では木村の激ヤセを心配する声が多くあがっていた。
解散まで残り2ヶ月を切り、そのラストがどのように飾られるか注目度が高まる中で、木村に掛かる解散の負担は相当に大きいものと考えられる。

とはいえ、メンバー間のわだかまりが消えるわけではない。
木村の想いとは裏腹に、あと2ヶ月でコンサートの開催などといった大きなイベントを行うことは、現実問題厳しいだろう。

ある芸能記者はこう語る。

「先日『女性セブン』(小学館)が、突如として“確執解消”を報じ、メンバー間のぎすぎす感がなくなってきたと伝えました。ただ、“ジャニーズ御用達マスコミ”である『女性セブン』です。解散までに少しでも木村のイメージを回復させておきたい、ジャニーズの思惑が働いたとも考えられます」



一部では、木村に倒れられては困るジャニーズが、その心労を少しでも和らげるために、好感度があがるような記事をわざわざばらまいているのではと、やや同情的な意見も聞かれたという。
解散までのカウントダウンが迫る中、メンバー5人の歌をファンに最後に聞かせたいと木村が再び動き始める可能性はあるが、メンバーを説得できなければ結局、何も動かせないことに変わりはない。

そんな中でライバル誌の『週刊女性』(主婦と生活社)が、SMAPの解散ラストステージは『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が大晦日放送になるのではと報じた。
SMAPの紅白出場は既に絶望的と言われているが、それでもSMAP紅白ラストステージを僅かでも望んでいたNHK関係者にとっては、まさに“寝耳に水”状態であろう。

「かねてから、NHKの思惑でSMAPの紅白出場を強く迫られていたジャニーズは、NHKに対して非協力的な態度でした。しかしフジテレビに対しては、『SMAP×SMAP』が解散に伴い年内打ち切りとなったことなど、編成面でかなり迷惑を掛けてしまった。フジから打診があれば、協力しないわけにはいかないでしょうね」(テレビ局関係者)



番組の最後に生歌を披露する可能性もあるが、当然その裏では、紅白がクライマックスを迎える頃だけに、視聴率の奪い合いは必至だろう。
NHKに対して大きく恨みを買うことは間違いないが、SMAP解散のお膳立てに向けて、そんな悠長なことも言ってられないということもある。
残り2ヶ月、まだまだSMAPの動向から目が離せない。

本当に最後は、ファンにとって思い出となる何かを残していってほしい。

一方、激ヤセが噂される木村とは別に、芸能界引退説も囁かれる香取はリバウンドとの噂もある。
その姿をまとめた記事はこちら
※画像あり!SMAP香取慎吾の変わり果てた姿にファンがドン引き「ライザップで痩せたのに…」