リーダー・中居正広の決断!「SMAPの歌、捨てます」「アイドル、辞めます」

中居に突きつけられた、”おとしまえ”

20110802_ikewaki_08


最終回までおよそ1ヵ月となった11月21日放送のフジテレビ系『SMAP×SMAP』。
ゲストが日本ハムファイターズの中田翔(27)らとあって、野球好きのリーダー・中居正広(44)は上機嫌だった。

そしてここ最近、中居が動きを活発化させていると言われている。
そんな中居に突きつけられた、ジャニーズ事務所からの「おとしまえ」はあまりにも残酷だった。



「SMAPの解散回避、ラスト紅白出場に中居は前向きでした。だからこそ、解散急進派であり、コンサートの演出担当を務めていた香取慎吾(39)を熊本の炊き出しボランティアに連れて行ったり、飲みに行ったりして、しきりにコミュニケーションを図っていたのです」(広告代理店幹部)



ところが、メンバー全員が顔を合わせる唯一の現場『スマスマ』の楽屋は依然、バラバラだという。
それぞれにお付きの局員とスタイリストがいるから、収録以外では顔を合わせないことも珍しくない。

「中居は個人事務所を設立する方向に舵を切ったようです。ただ、1本あたりのCM契約料が9000万円、バラエティ番組の司会やMCにも引っ張りダコの稼ぎ頭をジャニーズもむざむざと手放しません」(同前)



対する中居への”おとしまえ”は権利の放棄―。
今後、SMAPの歌は歌わない。歌手活動もしない。「アイドル、辞めます」という強烈なものだったという。

「中居くんは都内に複数のマンションを所有していますが、個人事務所の運転資金の足しにするためか、一部屋売却することを検討しているようです。知人には『結婚しちゃえば、辞めさせてくれるかな』なんて冗談も飛ばしているとか」(制作会社スタッフ)



解散後も、バラエティ番組で活躍する中居を見たい。
事務所を辞めたとしても、中居は中居だ。