みんなが待ってたけど…北斗晶、「術後5年の生存率50%」からの早すぎる仕事復帰の裏事情

北斗晶、テレビ復帰!!

20161130-00000005-dal-000-view


乳ガン闘病で芸能活動休止中だった北斗晶11月29日、1年2カ月ぶりに仕事復帰した。
火曜日のコメンテーターを務めていたTOKYO MXの「5時に夢中!」に生出演し、久々にはじける笑顔を見せた。
北斗は「本当に皆さんにご心配とご迷惑をおかけしましたが、おかげさまで元気に帰ってきちゃいました」と元気はつらつぶりをアピールした。

しかし、この北斗の復帰には”早すぎるのではないか”との声も囁かれている。
なぜ彼女は、もう少し長く休養を取らないのだろうか。
芸能ライターが解説する。



「生放送後の会見では、黒髪のショートヘアになった以外は以前と変わらないことに驚かされました。いつも通りのポジティブトーク全開で、復帰初仕事について『楽しかったです』とご機嫌。今後についても『薬で治していくので、あと5年、10年かな』と長いスパンで対応していくことを語っていました」



北斗は昨年の2015年9月に乳ガンを公表。
同24日に右乳房全摘出手術を、同29日に転移した腋のリンパ摘出手術を受け、10月3日の会見を最後に長期休養に入った。
その後は自身の公式ブログで情報を発信していた。

11月28日のブログによると、先日の術後1年の全身検査で転移がお陰様でみられなかったため、検査結果がわかったその日に復帰を決めたそうだ。女性誌記者が言う。

「医師から『術後5年の生存率50%』と告知された患者にしては、早すぎる復帰でしょう。レギュラー番組『あさチャン!』(TBS系)で北斗の代わりに始まった夫・佐々木健介のコーナー『ニッポンを食べつくすご当地おかわり朝ゴハン』は反応もイマイチで、3月に終了。一家の屋台骨である北斗は、1日も早い復帰を迫られていたんです。ブログで販売したオリジナルグッズ(風呂敷とエプロン)が完売したといっても、大した儲けは出ていません。“やはりメディアに出なければ”の思いを強くしたはずです。今後はインタビューを受けまくって全快をアピール、稼げるCMを数多くゲットするため、最大限の努力をしてくるでしょう」



鬼嫁で有名な北斗だが、家族のことを考えるといてもたってもいられなかったのだろう。
急すぎる復帰に視聴者のほうがハラハラさせられそうだ。