木村拓哉とさんまが共演NG?「さんタク」終了で見えてきた2人の笑えない現状とは

「さんタク」終了で見えてきた笑えない事実とは

1280x720-z1o


12月3日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」で、パーソナリティーを務める明石家さんまが、SMAPの木村拓哉とのMCで13年間続いたフジテレビ系「さんタク」が、2017年から放送されないことを明かした。


さらにさんまは、日本テレビ系の生特番「さんまSMAP! 美女と野獣のクリスマススペシャル」も今年の放送はないと言う。
さんまは「収入がガタ減りですよ」と冗談めかしに発言し笑わせたが、打ち切りになったのはなぜなのだろうか?

芸能ジャーナリストは語る。

「『美女と野獣』は、SMAPのメンバー5人とさんまのトーク番組ですから、打ち切りも当然でしょう。SMAP解散発表以降のさんまの『俺は知っていたんや』など一連の不用意な発言に中居正広が不快感を示していた。メンバーが生放送でさんまと絡むのは無理ですよ。ただ、『さんタク』は木村だけ。それなのに打ち切りとなったのは、木村に関する発言がことごとく裏目に出たからでしょう。さんまが木村を擁護するような発言をすればするほど、キムタクバッシングが加速した感がありますからね」



さんま得意の“しゃべり”が災いして番組打ち切りとなってしまったのだろうか?
ファンとしては、残り少ないSMAPメンバーをテレビで観られる機会だけに、勿体ない気もする。