『相棒』の頃から異変が…?成宮寛貴”薬物疑惑報道”の背景「不健康な遊びは楽しい」と過去に語る

成宮寛貴、『相棒』の頃から異変?

1ebcc5230644ba932c85cb414c2f4259_content


12月2日発売の写真週刊誌『FRIDAY』で「コカイン吸引疑惑」を報じられた俳優の成宮寛貴(34)。
本人と所属事務所は事実無根として、同誌に法的措置の構えを見せている。

しかし、なぜ突如として成宮の名が挙がったのだろうと、疑問に思った方も多いのではないだろうか。
だが、今年の2月に清原和博(49)が逮捕された時、警察や麻薬取締官がマークしている人物として既に噂されていたという…。


全国紙の記者はこう話す。

「警察や麻薬取締官がマークしている“次の大物有名人”として、成宮さんの名前も噂されていたようです。しかも、“薬物使用の証拠を警察に押収されている”という話も持ち上がり、社会部の記者が裏取りに走ったほど。結局、裏がないままだったようですが、その取材過程で『FRIDAY』編集部は件の証言者と接触したようです。水面下で相当期間取材を重ねた上での記事だと担当者は強い自信を持っている」



芸能人の薬物使用に関しては、過去に『週刊文春』が先の清原やASKA(58)を“疑惑”の段階で報じており、後日、両人は逮捕されている。
スポーツ紙の記者は、”議論はあるものの先例が存在したからこそ今回の報道に繋がった部分はあったはず”だと語っている。

薬物汚染が凄まじい勢いで暴かれている芸能界だが、12月4日に放送された、フジテレビ系『ワイドナショー』でも、石原良純(54)と松本人志(53)はこの件についての持論を熱く交わしていた。

「1人のタレント生命がなくなってしまう可能性があることを考えてもらいたい。徹底的に、警察も含めてやってもらうべき。違った場合には、雑誌を潰すつもりでやった方がいい。雑誌社はそのくらいの覚悟で出してきてるんでしょうから」(石原)

「下手したら廃刊ですよ。でもクスリってね、“あいつやってるで”って言われたら何となくそう見えてくる。検査やったらやったで、何日前から抜いてたんだとか言われるし、真っ白はもう無理」(松本)



もちろん、真相は本人のみぞ知るところだが、“爽やか系イケメン”のイメージが強い成宮の薬物疑惑報道だけに、世間の衝撃は大きかった。
また、母子家庭で育った成宮は中学時代に母親を亡くし、弟と共に祖母の家に引き取られている。
以後、自分の高校進学を諦め、弟の学費を稼ぐためアルバイトに明け暮れ、大学進学までさせたほど家族想いの優しい人間だった。

だが、日本テレビの人気ドラマ『ごくせん』の野田猛役でブレークすると、日常生活が派手になっていく。
もともと好きだった夜遊びが一層盛んになったという成宮。
六本木や西麻布のクラブだけでなく、新宿二丁目などの繁華街でも度々目撃されていた。当時は20代前半だったため、無理もない話かもしれない。

成宮自身、過去にインタビューでこう話している。

《お酒をガブガブ飲んだり、大声で騒いだりとか、不健康な遊びって楽しいんです》

2012年にはテレビ朝日の人気ドラマ『相棒』シリーズに出演。
水谷豊演じる杉下右京の3代目相棒を演じて話題を呼んだが、この頃から成宮に異変が起きていたという声もある。

彼を知る芸能関係者はこう語る。

「クラブのVIPルームに入り浸って、フラフラと酩酊することが増えました。よくわからない言動も多く、目が据わっていることもあった」



前述のように、成宮の事務所は報道を全面的に否定しており、現在は名誉毀損裁判に強い有名弁護士を擁して徹底抗戦の構えを見せているという。
それでも、彼の未来は暗雲が覆っている。

「松本さんの言うように、薬物疑惑は一度でも報じられると真っ白に戻すのは至難です。仮にドラマを降板すれば、CMも降りることになるかもしれない。今後起用してくれる企業が見つかるかどうか…。今、俳優活動の岐路に立っていることは間違いありません」(前出・芸能関係者)



12月上旬のある昼下がり、女性セブンは都心の成宮の自宅を訪れた。
自室からは灯りが漏れるが、終日、成宮が出てくることはなかったという。