成宮寛貴、「旅に出たい」シンガポール経由で東南アジア入りか?元所属事務所も居場所を把握しておらず

%e6%b5%b7%e5%a4%96
成宮寛貴、「旅に出たい」東南アジア入り?

20161210-00000147-spnannex-000-7-view


芸能界を電撃引退した元俳優の成宮寛貴(34)が、自身の薬物疑惑などを報じた写真誌「FRIDAY」が発売された2日以降に「好奇の目で見られるのが耐えられない。しばらく旅に出たい」と話していたことが10日、分かった。


スポーツニッポンの取材によると、成宮が引退を発表した9日にシンガポール経由で東南アジアの国に入ったという情報もあるそうだ。
失意の中で海外に一人旅に出ている可能性があるとみられる。

成宮は8日、元所属事務所「トップコート」の幹部と対面し、直筆の引退コメントの文書を託た。そして、契約解除の合意書に判を押したという。日本を出発したのは、これを終えた8日の午後以降とみられる。

また、「新しい仕事を探したい」と周囲に話していたことも分かった。
旅の目的は日本を離れて心を落ち着かせることが一番だが、第二の人生に向けた仕事探しという側面もありそうだ。

気になる転身先については、服飾系と予想する声が上がっている。
なぜならば、成宮のファッションセンスは以前から評価が高かった。自ら海外のショーに足を運ぶなど服飾に強い興味を持っていることから可能性は高いとされる。

引退発表から一夜明けたこの日、都内の自宅マンション前には10人ほどの報道陣が集まったが、インターホンへの反応はなかった。近隣住民は「近くのコンビニで買い物している姿をたまに見かけましたが、最近は見ていなかった」と話した。

インターネット上などでは「大丈夫かな?」「心配です」などと身を案じるファンの声も広がっている。

一方で、元所属事務所は「居場所については全く把握しておりません」としている。

寝ても悪夢を見ると親友に語った成宮。
今、どこの国の空の下にいるのだろうか。
%e6%b5%b7%e5%a4%96