新垣結衣も震え上がる?“星野源の元カノ”aikoの「恨み節ソング」が怖すぎると話題に

maxresdefault
aiko、元カレの星野源のことを歌う?

maxresdefault


新垣結衣の主演ドラマで、TBS系「逃げるは恥だが役に立つ」。
12月13日に放送された第10話の平均視聴率が17.1%と、同局の火曜ドラマ枠歴代最高視聴率を更新した。

新垣演じる「みくり」の魅力もさることながら、契約夫を演じている星野源も「可愛すぎる」と視聴者女子を“キュン死”させている。

ドラマの主題歌も担当するの星野だが、2015年秋に女優の二階堂ふみとの熱愛が報じられた。
この報道が出た時にネット上では「aikoとつきあっているんじゃなかったの?」というファンの困惑の声が飛び交った。

理由は、星野と歌手のaikoは2007年頃から交際が始まり、2012年に星野がくも膜下出血で倒れ入院した時は、aikoが献身的に看病。
このことで双方のファンから“公認”され“応援”もされていたからだ。

ところが、2014年に発売されたaikoのアルバム「泡のような愛だった」に収録された「透明ドロップ」という曲が、「好きな人に『さようなら』と言われたことを曲にした」と雑誌でコメントしたことから、星野との破局が発覚する………。


しかも、この曲のサビ終わりには、歌詞カードに載ってない「ああ 仕事だって嘘ついたね ああ あの時、手を繋いだよね」との声が収録されているのだ。

そして、2015年11月にリリースされた「プラマイ」の歌詞には「目を閉じても閉じなくてもあなただらけ」とあり、そのPVに至っては“怖すぎる”と話題になっている。

音楽誌のライターがPVを解説する。

「これは、ドラマ仕立てのPVになっていて、元カレに執着するあまりストーカーになってしまうという設定なんです。そのなかで、忍び込んだ元カレの家の風呂場の排水口から、男の髪の毛を採取して食べるというシーンがあり、当時ファンの間では『ホラーだ‥‥』とドン引きされたんです」



みくりも恐怖におののきそうな、“女の情念”を垣間見る恨み節ソング。
星野はこれを聴いて、何を思っただろうか…。

そして、気持ちを歌にこめるaiko。
さすがプロ根性と言うべきか。
maxresdefault