日本人多いアメリカ・LA避け…高畑裕太にヨーロッパ留学準備のウワサ

高畑裕太に欧州留学準備のウワサ

‰f‰æuƒwƒCƒ‹AƒV[ƒU[v‚«‘Ö‚¦”Å—•Ò ŒöŠJƒAƒtƒŒƒRƒCƒxƒ“ƒg ‚”¨—T‘¾

‰f‰æuƒwƒCƒ‹AƒV[ƒU[v‚«‘Ö‚¦”Å—•Ò
ŒöŠJƒAƒtƒŒƒRƒCƒxƒ“ƒg
‚”¨—T‘¾




今月4日、舞台「雪まろげ」の公演を終えた女優の高畑淳子(62)が、息子で俳優の裕太(23)の留学準備を進めているという情報が流れている。


今年の8月23日に、群馬県内のビジネスホテルで40代の女性従業員に対する強姦致傷容疑で逮捕され、17日後の9月9日に不起訴処分で釈放された裕太はそのまま埼玉県内の救急・急性期治療に特化した精神科病院に入院。
3カ月の治療期間を経て退院の目処が立ったというが、院内では薬物依存患者、アルコール依存患者、統合失調症など重度の病を持つ患者らとも友好的に過ごしていたという。

退院後ということで、気になるのは裕太の今後の身の振り方だが、一部週刊誌で報道されていたアメリカ・ロサンゼルスではなく、ヨーロッパに留学することになるという。

「ロサンゼルスは日本人が多すぎて身を隠すのは難しく、国をまたいで動けるヨーロッパのほうがベターという考えのようです。演劇の古典を学べるとあって、舞台人の淳子も乗り気なのだとか」(事情通)



今回の事件で高畑母子が負ったテレビやCMなどの違約金は億単位と言われ、これに被害者女性に支払った示談金や裕太の入院費用などがかさみ、金はいくらあっても足りない状態だろうと思われる。

さらに、高畑が裕太と住むはずだった渋谷区代々木に建設中の推定2億5000万円の豪邸など資産を有するが、10月に淳子の実家(母は6月に介護施設に入居)の売却の手続きを始めていたこともスポーツ紙に報じられたばかりだ。
裕太の留学費用のためにも高畑は大黒柱としてフル回転で働くしかないとみられる。