成宮スキャンダル拡大一途のウラとは?”友人A”がTwitter開設!!「嘘偽りなく真実をお答えします」

成宮寛貴の”友人A”がツイッター開設

sirabee20161217ashi-600x400


芸能界を引退した元俳優の成宮寛貴(34)をめぐる“騒動”が一向に収まる気配がない。
写真誌「フライデー」にコカイン吸引疑惑を暴露した友人Aとされる人物が、ツイッターのアカウントを開設。
これをワイドショーが大きく取り上げるなど、騒ぎは現在も拡大中だ。


友人Aとみられる人物はツイッターに、成宮の“プライベート写真”などを掲載。

「私は彼をはめようとしたことではありませんし嘘の記事も一切回っておりません。真実を知りたい方々へ嘘偽りなく真実をお答えします」(原文ママ)


とした上で、間もなく詳細をブログ上で掲載することを宣言している。

現在、成宮は海外に“逃亡中”とされ、事態はとりあえず収束に向かうとみられていたのだが、なぜ再び“蒸し返す”必要があるのか。

原因として考えられるのは、発売中の週刊文春だ。
フライデーの報道後、文春編集部にも友人Aを名乗る人物から接触があったとし、“情報提供料”として100万円を要求されたなどと報じているが、ITジャーナリストはこう話す。

「文春のこうした“暴露”に友人Aがカチンときた可能性が高いです。このままでは、仲間を“カネで売った”というレッテルを貼られてしまう。成宮とは共通の友人がいるはずで、個人が特定される恐れもある。自らの正当性を主張するために、SNSを使って発信しようとしているのでは。深層心理としては、神戸連続児童殺傷事件の犯人『酒鬼薔薇聖斗』こと元少年Aが、ホームページ(現在は閉鎖)を開設し、自らの主張を展開したことと酷似していると思います」



「クスリを買いに行かされた」と成宮に恨みを持つ友人は、ほかにも複数いるとみられている。
今後、“ドミノ式”に疑惑や激ヤバ写真が噴出する可能性もあるという。
成宮は海外で、この状況を理解しているのだろうか。