小倉優子“シングルマザー”キャラになるか?後輩タレントと夫が不倫で離婚秒読みのウワサ

小倉優子“シングルマザー”キャラになるか?

o0480036012128552791


今年の8月に夫と事務所の後輩タレントである馬越幸子(25)との浮気が発覚した小倉優子(33)。
この不倫騒動では馬越が事務所を解雇になり一件落着、11月には第2子も誕生し、夫婦円満かと思いきや、年内離婚が濃厚と噂されているようだ。

妻の妊娠中に不倫とあっては、小倉の怒りも十分すぎるほど分かる。
離婚の理由について、芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。



「9月くらいから小倉さんが指輪を外していると一部で噂になっていました。幸せなセレブ妻、かわいいママがウリ。それが、妊娠中に、しかも自分の後輩が相手という“最悪中の最悪”。何をやっても過去が常に付きまとってしまいタレントイメージはズタズタです。事件当時は、妊娠6カ月で出産が最優先。産後、落ち着いて、考え直したのではないでしょうか」



年収9000万円とも噂された、夫でヘアメークの菊地勲(46)は小倉の事務所から詰められ、仕事も激減している状態だという。
しかも、菊地の不倫は今回がはじめてではないようだ。

「菊地さんは前妻との離婚理由も浮気。13歳年下のゆうこりんに続き、20歳も年下に手を出したとあらば、若い女の子を扱う事務所はもちろん、雑誌や広告も仕事が縁で新しい恋が生まれたら困りますから、依頼は避けるでしょう」(川内氏)


2児のシングルマザーとして出直しの決断を迫られている小倉だが、「女やもめに花が咲く」のことわざ通り、悪い選択肢ではないという意見もある。

「同情票があるうちにさっさとシングルマザーになったほうが、クリーンなイメージが保てるだけでなく、“シングルでも頑張るかわいいママ”キャラで売り出せる。まだこの市場はライバルがスザンヌくらいしかいません。アイドルからスポーツ選手まで台頭するママタレ戦国時代では逆にオイシイといえます」(女性誌編集者)



どうしようもない夫に見切りをつけて新たなスタイルで活躍するか、それとも夫を許して支え続けるか………。
こりん星のお姫様ではなく、ママでありタレントであるゆうこりんは、重大な選択を迫られている。