本田翼は「落ち度ありすぎ」?彼女を問題視する声の理由

本田翼を問題視する声

8685_original


女優活動を展開中の本田翼について、業界内外から批判的な声が少なくないという。

本田は2006年に若者向けファッション誌『SEVENTEEN』(集英社)の専属モデルとしてデビューし、2010年以降は『non-no』(同)の専属を務めるなどしている。

完璧な容姿で中高生を中心に人気の本田だが、一体どこに問題があるというのだろうか?


芸能プロダクション関係者は、

「スラリとした体型に、ガーリー&ボーイッシュを兼ね備えた雰囲気で、読者からの支持を得ている本田。一方、11年から始動した女優業の評判はイマイチで、本田の立ち位置にも影響が出ています」

と語る。

そんな本田は今月5日、生田斗真主演で自身も出演する映画『土竜の唄 香港狂騒曲』(12月23日公開)のイベントに登場。
この時も、現場に居合わせた関係者の間では本田のことが問題視されていたという。

「本田は超小顔で手足も細長く、共演者の菜々緒や仲里依紗と並んでも一際輝くほどの美貌でした。しかし、それを台無しにしていたのが本田の衣装。役者陣が登壇したステージの背景は白いスクリーンで、当然、スタイリスト達はキャストが映えるような衣装を用意します。菜々緒はスリット入りのセクシードレスで攻めていたし、仲も個性的な柄のドレスで華やかさを演出していた。ところが、本田はまさかの上下白で、よーく見れば柄入りのシースルーでしたが、パッと見は完全にスクリーンと同化していたんです。演技があまり評価されていない分、モデルの本領を発揮するべき場面だったのに……あれは、本田のスタイリストやスタッフに落ち度がありすぎだと思います」(イベント関係者)


モデルの顔でカバーしなければならないほどの本田の演技力については、これまでにも散々取り沙汰されてきた。
本田が伸び悩んでいる原因を、前出の芸能プロダクション関係者はこう指摘する。

「本田はモデルとして人気に火がついた後、本格的な芸能界進出でCMの仕事のほか、“大根すぎる演技”でドラマや映画に出演。先日最終回を迎えた『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)にもレギュラー出演していたものの、ネット上では『相変わらず下手だな』と呆れられていました。ですから、おそらく本田の所属事務所も演技面に関しては諦めている。ただ、それにしたって素材は完璧なんだし、せめて服装くらいは気を遣ってあげるべき。また、本田はトーク内容や喋り方も子どもっぽいので、そういった部分も注意してあげてほしい。彼女が伸び悩んでいる原因は、そういった点にあると思います」



演技はともかく、容姿が最高クラスの本田であれば、本人が死ぬ気で努力をしてそれなりの演技力を身につけてほしい。
そうでなければ、かなりもったいないとしか言いようがない。