SMAP・中居正広のヤバすぎる”散財”が止まらない理由とは?

中居正広の散財が止まらない理由とは?

094ba6576ba590cc9cf79594ed67580e


大晦日での解散が決まっている国民的アイドルグループのSMAP。
冠番組のフジテレビ系「SMAP×SMAP」の最終回での収録では、リーダーの中居正広がメンバー含め、スタッフ全員におそろいの靴をプレゼントしたことなどが話題となっている。

ここまで聞くと、中居のSMAPへの有り余るほどの愛が感じられるが、現在中居はヤバすぎるほどの”散財”をしているという。

では、中居は主にどんなことにお金を使っているのだろうか?



このところ話題になっているのが、リーダー・中居正広の“散財ぶり”だ。最終回の収録は12月1日に都内のスタジオで行われ、中居が約200人のスタッフ全員に特注品のスニーカー「エアマックス」をプレゼントしたという。靴にはそれぞれの名前が刻まれており、靴のサイズは中居自身が一人ひとりに聞いて回ったという。また、別の日に行われたバラエティー番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)の収録では、共演者やスタッフ約150人に老舗寿司店の高級にぎり寿司を差し入れたという。その様子は華道家・假屋崎省吾氏がブログで報告。「金スマの収録でなんと中居正広さんからスタッフに、赤の皆様にも全員に今年も超、美味しい豪華なお寿司の折り詰めの差し入れをいただきました」と記し、高級寿司の写真をブログにアップしている。大トロ、まぐろ、イクラ、うなぎなどが入っており、最低でも1人当たり3000円は下らないという。

芸能プロ関係者によると「いまや中居さんはテレビ界の“差し入れ王”。ドラマの現場でも叙々苑の高級焼き肉弁当や鰻重、ひつまぶし弁当を差し入れたことがあった」という。

ただ、その傾向は昔からというワケではない。「差し入れするようになったのは、ここ数年ですね。芸能界の先輩と接していくうちに『スタッフや共演者のおかげで自分が成り立っている』ということに気付かされたようです」(芸能マネジャー)。

一方で、うがった見方をすれば“今後”を考えてのことでもある。昨秋から水面下で進行していた中居らのジャニーズ独立話。一度は決まりかけたが、土壇場で木村拓哉の残留宣言により、中居らは路頭に迷うことになった。

「それでもしばらく中居は独立を諦めきれず、昨年末に夜な夜なテレビ局のプロデューサーを“接待”していた。これまでオフの時間は家に引きこもるか、一日中パチンコをやっていた彼がこうした“外交”に励むのは珍しい。今回の差し入れ攻撃も心の片隅では、将来的な独立を見据えた先行投資かもしれません」とは週刊誌記者。



現にテレビ各局には、中居を慕うスタッフによる「中居組」が出来上がっているという。
中居の存在は、ジャニーズ帝国の中においても異端だ。

そんな中居が事務所を去る決意をしているのだとしたら…だからこそ、メリー喜多川副社長は潰しにいったのではないかとの考えも出ている。