業界人が語る”歌がうますぎる”or”ヘタすぎる”意外なアーティストとは?

業界人が語る”歌がうますぎる”or”ヘタすぎる”意外なアーティスト

news_header_img_3987


歌番組やライブなど、様々なステージで歌声を披露するアーティストたち。

そんな彼らはもちろん歌唱力があるからこそプロアーティストになっていると思われがちだが、実際は歌声以外に魅力があるために歌手となっているケースも多々あり、必ずしも歌がうまいアーティストばかりではないのが実情だ。

最近の口パクは生歌を巧妙にミックスさせる技術が向上しているため、視聴者目線では見抜けないことも多いという。
だが、現場で彼らと直接向き合っている関係者ならばその実情を知っているもので、”歌がうますぎる”or”ヘタすぎる”アーティストについて語ってくれた。


玉置浩二

ent20151114_01_640x360


「歌がうまい歌手でいえば、圧倒的に玉置浩二さんですね。これは業界内でも有名ですが、おそらく日本人歌手の中では断トツではないでしょうか。ワイドショーなどでは奇抜なキャラクターとして扱われていますが、歌唱力に関しては半端ではないですよ」(音楽ミキサー)

たしかにワイドショーでのイメージからは考えられないが、圧倒的な歌唱力を持っているという。玉置浩二への意見はほかにもあった。

「自分の歌がうまいだけならまだしも、他人の歌を歌っても同様にうまいです。彼は努力を見せるようなタイプじゃないですが、相当な努力家なのか、もしくは生粋の天才肌なんでしょうね」(音楽番組関係者)


宇多田ヒカル

news_header_img_3987

「女性の場合、中島みゆきさん、宇多田ヒカルさんの2名は揺るがないです。かつては中島さんオンリーでしたが、宇多田さんの登場でふたりになりました。まったく音楽性が異なりますが、番組などでは撮り直しなどもなく、毎回のように1テイクでオッケーになりますので、常にパーフェクトな歌姫といえます」(音楽業界関係者)

このふたりの歌声も、たしかに惚れ惚れするほど美しい。うまいという言葉も頷けるものがある。


次のページからは、逆に”歌が下手”なアーティストについて語る………。


YUI

s5_1


「あんまり言いたくありませんが、ジャニーズやAKB48などは別次元としても、それ以外の歌手の中ではYUIですかね。彼女は雰囲気アーティストと業界ではいわれていて、あの雰囲気があるからこそ、なんとなく聞けるものの、歌唱力だけで評価した場合には下手といえるレベルです」(レコード会社関係者)

現在はロックバンドでのライブ活動が中心ですっかりテレビで見ることはなくなったが、それでもYUIを挙げる声はほかにもあったため、業界では定説になっているようだ。


剛力彩芽

7263_original


「残念ながら剛力彩芽さんでしょうね。事務所の意向なのかわかりませんが、CDデビューは本人が気の毒なレベルです。何度か生放送の歌番組にも出ていますし、口パクに頼らないケースもあったので、世間にも下手なことはバレていると思いますが、今後はもう歌は諦めたほうがいいですよね」(音楽番組関係者)

たしかに、かつては『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で披露した歌声がネットで話題になったことがあるだけに、この声にも納得できる。



歌声で人々を魅了するアーティストもいれば、「歌手なんだよね?」と聴く側に疑問を抱かせるアーティストもいる。
本業ではなくとも歌手デビューする人が多い昨今、今後は誰の歌声に注目が集まるのだろうか。