新垣結衣を赤面させた星野源の『逃げ恥』打ち上げエロトークとは?

新垣結衣を赤面させた星野源の”エロトーク”とは?

CxTmYnyUsAARQf6
出典:Twitter


最終回視聴率が20%超えを記録するなど、昨年大ヒットしたTBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』。
その打ち上げが、昨年12月20日に都内で開かれた。
 
会場となったのは、都内のレストランバー。
盛大に高級シャンパンで乾杯すると、会場は大盛り上がりだったという。

そこで、主演の新垣結衣に対し、夫役の星野源がしたドキドキの”エロトーク”とは………?


ドラマ関係者は、打ち上げを振り返る。

「当日は100インチもあるスクリーンで『逃げ恥』の最終回が流されていました。“平匡”と“みくり”のやりとりのたびに、会場は大爆笑。高視聴率ドラマの打ち上げとあって、とてもいい雰囲気でした」


会場では終始ご機嫌だったという星野は、次第にドラマの“あるシーン”へトークを広げ…。
 
「彼は新垣さんがセーラー服を着たシーンがお気に入りだったみたいで、本人に『結衣ちゃんにはまた着てほしい』とエロトーク全開でした。新垣さんも恥ずかしそうにしていました(笑)」(前出・ドラマ関係者)


19時過ぎから始まったという1次会は、23時半ごろ終了。
一行はそのまま近くのカラオケレストランへと移動した。
 
「2次会では星野さんがギターを持参してドラマの主題歌『恋』を弾き語りするサプライズも。曲に合わせてみんなが“恋ダンス”をするなど大盛り上がりでした。これには新垣さんも大満足していましたね」(前出ドラマ関係者)



午前3時まで宴の中心にいた星野。
一体、どのような気持ちで新垣に”セーラー服”を着ることをお願いしたのだろうか。