木村拓哉が新ドラマにどうしても「菜々緒を起用したかった」理由とは?

木村拓哉が新ドラマにどうしても「菜々緒を起用したかった」理由

4vgdbaoku2gw_main_1478405356


国民的アイドルグループ・SMAPが解散してから木村拓哉の初仕事となる、1月15日放送開始のTBS系連続ドラマ『A LIFE~愛しき人~』は、様々な意味で芸能界からも注目を集めているという。

このドラマはTBSが近年にないほど予算をかけている大作で、主演女優の竹内結子を筆頭に浅野忠信や松山ケンイチ、及川光博、菜々緒ら、そうそうたる“主役級”の役者たちが木村の門出を支えるのだ。

この中でも、最も木村が起用にこだわったのが菜々緒なのだという。
それは一体、なぜなのだろうか?


ある放送作家は、

「竹内も浅野も及川も、見込める視聴率が高い俳優たちですが、彼らはマーケティングの観点から見ると、40歳以上のファンが多いというデータがあります。一方で、菜々緒は10~30代までの、テレビ局関係者が“ブラインド層”と呼ぶ、ほとんどテレビを見ない世代にも人気があるのです。そのため、視聴率に鋭敏な感覚があり木村は、ジャニーズ事務所を通じてTBSに『どうしても菜々緒のスケジュールを押さえてくれ』と頼んだそうです」

と語る。

一方で、TBSのドラマスタッフは次のように話す。

「医学監修者への報酬や、医療機器のレンタルにも予算がかかっており、1話あたりのコストは1億円を超えています。このドラマが成功すれば、今後の木村の仕事はかなり明るくなるでしょう。それは『ドクターX』の米倉涼子や、『相棒』の水谷豊(ともにテレビ朝日系)を見ればよく分かります」


ただ、ドラマの視聴率が取れないとなれば“数字には結び付かない俳優”になりかねない。
それは、これまでヒット作に出演し続けた木村にとって本意ではないだろう。

「A LIFEの視聴率が伸びなかったとしても、木村の場合は事務所のバックアップが半端じゃないから、ダメなら『2046』で培った人脈をたどり、香港あたりに進出するのではないか」(前出・放送作家)


木村は以前から、何を演じても一本調子で演技に幅がないという指摘をされている。
ただ、2004年に香港映画の『2046』に出演した時は、フェイ・ウォン相手に色気がある静かな男を演じて好評だった。

「あの映画はフェイ・ウォンがうまく木村の魅力を引き出していました。それに、監督の演出プランもよかった。あのときの演技は、一皮剥けるチャンスだったが、世界には出ずに、日本に戻って飛躍のチャンスを失ってしまいました。木村はあのときのフェイに、菜々緒を重ねており、演技で共振する効果を狙っているようです」(同・作家)



木村もA LIFEの出来が今後の人生を左右することは分かっているだろう。
望んだキャスティングは、功を奏すだろうか。

ドラマは、まだはじまったばかりだ。