すみれはなぜ、ボートレースのCMから突如降板したのか?渡辺直美にチェンジした驚きのワケ

すみれはなぜ、ボートレースのCMから突如降板したのか

img_34cf89b5583c8b1eb6b9aed3471af37f710450


新年から、ボートレースのイメージキャラクターがモデルのすみれからお笑い芸人の渡辺直美にチェンジした。

忍者に扮したすみれが悪者を成敗する演出が好評だっただけに、この変更には驚いた人も多いのではないだろうか。

広告代理店の関係者は、”通常なら有り得ないこと”としてこう語る。



「昨年8月の契約更新の際、すみれさんサイドからいきなり降板の申し出があったそうです。ボートレース振興会は続投するものだと思っていたのですが、“今は仕事ができる状態ではない”と断られたそう。9月に翌年のCM撮影をするので、通常であれば契約更新の前に非公式ながら意思確認をしている場合がほとんど。直前にひっくり返すのは、普通では考えられませんね」

「彼女の降板を受けて、急きょ代わりのタレントを探したところ、以前イメージキャラクターを務めていた渡辺さんに落ち着いたみたいです。決まったのは昨年10月。CMの撮影も遅れ、現場はドタバタでした」



同じく昨年10月、すみれは体調不良を理由にチャリティーコンサートを中止し、休業に入った。
すみれの父親である俳優の石田純一は、“11月半ばには復帰する”と言っていたものの、目処もたたずに年を越してしまった。

すみれは、それほど重い病気に悩まされているのだろうか。

ボートレースの関係者は

「確かに、“突然の体調不良で来年度は続けられない”という言い分もわからなくはありません。でも、彼女の昨年の契約自体は12月まで続いていたので、最後まで全うする責任はあったと思うのですが……」

と話す。

ボートレースのイメージキャラクターは、大きなレースで優勝選手のプレゼンターを務めることになっているという。
しかし、すみれは降板を申し出た8月末の出演以降、会場に姿を現すことはなかったそうだ。

「12月のSGグランプリでは本来イメージキャラクターは必ず参加しなければならないのですが欠席。一昨年は出席していたんですが……」(前出・ボートレース関係者)


だが、週刊女性がすみれの所属事務所に問い合わせたところ、体調不良とは関係ないという驚きの答えが返ってきた。

「契約更新のとき、昨年は先方から更新しないと言われました。こちらから契約を断ったわけではありません。ボートレースのイベントも、日本にいるときは出ていました」



週刊女性はボートレース広報部にも聞いてみたが、期日までに回答はなかったそうだ。

現在、すみれは生まれ育ったハワイで母親の松原千明と一緒に過ごしているという。
いつの日か、すみれの口から語られる日は来るのだろうか…。