後輩の肩を揉みながら番宣?木村拓哉、突然の”キャラ変更”に違和感「SMAP解散前は横柄だったのに…」

木村拓哉、後輩の肩を揉みながら番宣?

maxresdefault


元SMAP・木村拓哉(44)が、突然の”キャラ変”に挑戦中だと話題になっている。

昨年のSMAP解散騒動で染みついた彼のイメージは、仲間との約束を反故にしてジャニーズ事務所に与する“裏切り者”キャラ。
このイメージをよほど払拭したいのか、“いい人”キャラを目指しているようだ。

1月19日発売の『女性セブン』(小学館)では、「気遣いの鬼に」との見出しで共演者やスタッフに腰を低く接している様子が報じられている。

そんな木村は、とうとうジャニーズ事務所の後輩の肩まで揉み出したようで………。


週刊誌の記者は、

「今回のSMAP騒動で、世間からの評価を一番下げたのが木村だというのが業界の見方です。心機一転を図る意味で、木村としてもイメージ回復を狙っているのでしょう。心がけとして、裏方さんに低姿勢になるのは良いと思いますが……」

と語尾を濁す。

グループ解散後、初めての連続ドラマであるTBS系『A LIFE~愛しき人~』の番宣で『白熱ライブビビット』に出演した木村。
恐縮して固まる、事務所の後輩であり番組MCの国分太一(42)の肩を揉み、同じくMCの真矢ミキ(52)の決め台詞を真似て「今日もビビット行くぞ」とサービス精神を発揮した。

前出の記者は、過去の木村とのギャップを語る。

「SMAP5人が一緒だった際は、木村が一番ピリピリしていたのは有名な話。まだ5人の仲が険悪になる前、『ビストロSMAP』に出演したあるタレントは『カメラが回ってないとき、木村さんが横柄すぎて怖かった』とこぼしていましたから。ところが最近はスタッフの段取りが悪い場面でもニコニコしているというから、驚きです」



SMAP解散直後ということもあり、並々ならぬ決意で臨んだであろう『A LIFE』の初回視聴率は、14.2%。
同時間帯で2013年10~12月に主演をつとめた『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』の19.2%と比較すれば落ち込みは否めない。

また、TBS系『フレンドパーク』に出演した際は、エアホッケーのゲームでムキになり、パートナーの俳優・松山ケンイチ(31)を無視してスタンドプレーに走るなど、俺様キャラは相変わらずといった具合でネットでも批判の的となった。

それでも、突然のキャラ変で人気回復を果たせるのか。
演技、性格、視聴率…どれをとっても最近は良い話題がない木村だが、もし本当に「変わりたい」との気持ちで行なっていることならば、いつか結果としてあらわれるかもしれない。