ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」とは?

ジャニーズ事務所が早くも始めた「香取慎吾いじめ」

Cs34BAeUIAAlBSy


国民的アイドルグループ・SMAPの解散から早くも1ヶ月が経とうとしている。

だが、解散を決定づける行動を起こした、元メンバーの香取慎吾へジャニーズ事務所からの嫌がらせが始まったようだ。



「ジャニーズ事務所のホームページで、元SMAPのメンバーは個人個人のページにばらばらで紹介されるようになりました。中居正広や稲垣吾郎のページは、カラーリングも書体も凝っていて、格好いいロゴが表示されます。ですが、香取慎吾のページは何の工夫もなく、ゴシック体の黒一色で『SHINGO KATORI』となっているだけなのです。これには、いじめに近いものを感じました」(芸能記者)


また、香取の番組にも魔の手が忍び込んだのかもしれない。
1月18日に放送されたフジテレビ系『おじゃMAP!!』は、テレビ雑誌などに当初“2時間スペシャル枠”として告知されていたのだが、実際には1時間しか放送されなかった。
そのため、ファンたちからはSNSなどで《何かの陰謀か圧力か》と囁く声が。
これは、草彅剛がゲストだったことが影響している可能性もある。

「草彅がゲストで、静岡にイチゴ狩りや富士山を見に行くツアーでしたが、番組内容は駆け足で紹介していた様子が否めませんでした。慌てて編集をしたかのような印象が残ります」(放送作家)


これについては、“ジャニーズ事務所の圧力”だという声がある。

「香取と草彅の番組の時間枠が2時間もあるなんて、SMAPがまだ続いているかのようなイメージを残します。ジャニーズ事務所としては、SMAPはもう過去のものにしたいのです。それゆえに香取のホームページのみ簡素にしたり、放送時間を削ったりしているのでしょう」(事情通)


ジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長は、去年の夏に「最後にSMAPとしてコンサートをやろう。紅白歌合戦にも出よう」と提案した。
だが、香取が頑なに拒否をして解散を主張したという過去がある。

「香取がやったことは、サラリーマンであれば降格か減給などの処罰をされてもおかしくないものです。ですが、ジャニーズ事務所としては長い貢献を評価して、香取を許してきました。しかし、ここにきて、出演拒否をした紅白歌合戦の当日の大みそかに木村を除くメンバーらで慰労会を開催したり、ジャニーズ事務所を挑発するかのような行動を取っています。さらに、ジャニーズ事務所を解雇された元マネジャーのI氏との接触も噂されています。しばらく香取とジャニーズ事務所の綱引きは続くはずです」(同・事情通)



香取はおじゃMAPの放映時間が短縮されたことに、大きく肩を落としているという。
こんなことをされ続けたのでは、今年のジャニーズとの契約更新の際、香取がどんな行動に出てもおかしくないのでは…。