キムタクの”肌の老化”にファン呆然…黒すぎの原因は「日焼け止め嫌い」

o0800044613417127471
キムタク、”肌が老化”でファンが呆然…

o0800044613417127471


元SMAP・木村拓哉主演のTBS系ドラマ「A LIFE~愛しき人~」の第3話の平均視聴率は13.9%と、2話までの14%台からついに落ちてしまった。

木村にとっては初の医師役ということで注目されていた同ドラマ。
しかし、視聴者からは「研究熱心な“職人外科医”なのに、あんなに日焼けしているのは違和感がある」といった意見のほかに、「職人外科医という役を演じるのに肌が黒いのは、俳優としてのプロ意識に欠ける」「日焼けしすぎて肌の老化が早い」といった声も寄せられていた。

確かに木村には美白というイメージはあまりないかもしれない。
芸能ジャーナリストは、木村の”日焼け”についてこう話す。



「木村に対しては、2015年4月に放送された『アイムホーム』(テレビ朝日系)で家路久を演じた時にも『3カ月も意識不明状態だったのに肌が黒すぎる』と指摘されました。それに対して木村は、かつて自身がパーソナリティを務めるラジオ番組でサーフィンをする時には日焼け止めは使わないことを話し、ボード上で滑りやすくなること、目に染みることをその理由としています。また、『ドラマの撮影は終わっているのだから、映像のつなぎにも問題はない』と言って、“プロ意識が低い”というリスナーの指摘に真っ向から反論しました。木村にとっては“日焼けして、何が悪いんだ!”って理屈なんですよ。しかし、次に自分がどういう人物を演じるのか、それに向けて準備をするのは当然。演者としての意識は低いと言わざるを得ません」



もちろん日焼けは個人の自由であるものの、それで役作りまで疎かにするようでは今後の俳優業も厳しくなっていくのではないか…。

o0800044613417127471