草彅剛、キムタクからの誕生日プレゼントがネットオークションに「ほぼ間違いなく草彅が使用していた」

草彅剛、キムタクからの誕生日プレゼントがネットオークションに

20170117115728


元SMAPの草彅剛が、40歳の誕生日に木村拓哉から贈られたとされる“思い出の品”が、オークションに出品されていたという。

それが本当に本物なのかが疑問視されていたが、音楽ライターはこう語る。



「出品されたのは、ギターのピックです。ほぼ間違いなく木村が草彅にプレゼントした品で、この品物を草彅が使用していたことも間違いありません」


草彅はテレビ朝日系のバラエティー番組『「ぷっ」すま』の企画で、音楽バンド『TRICERATOPS』(略称:トライセラ)の和田唱の指導のもと、ギターを練習していたことがあった。
草彅はその後も練習を続け、およそ1年後の2014年7月に、トライセラのライブにサプライズで登場し、演奏を披露。

「トライセラのライブに登場した際、演奏で使っていたのが木村から贈られたピックだったのです。草彅はライブ終了後、前列にいたトライセラのファンに手渡しでピックをあげた。今回オークションに出品されたのが、そのピックだとされています」(同・ライター)


しかし、同種類のピックというのは世の中に数多く存在しているはずだ。
なぜそれが木村が贈ったものと分かったのかといえば、決定的な証拠があった。

「ピックはG社の特注品です。木村はその3枚を草彅に贈ったとされ、それぞれに“草”、“彅”、“剛”という文字が書いてあるそうです。文字は消えないように特殊インクが使用されています。草彅がうまくなっていく順に、“草”→“彅”→“剛”と、ピックも上級者向けになるようにとのことです」(同・ライター)


出品者は、トライセラのファンでライブの前列でピックを受け取った者と思われる。
出品されているピックには“草”の文字があり、G社製のMサイズだった。しかも、新品ではなく使用感もあるという。

「出品価格は50万円でした。草彅からピックをもらった人間は、持っていてもしょうがないと思い、金に換えたいという気持ちがあったのかもしれません」(同・ライター)



もしも草彅が、木村からもらったものを手元においておきたくないなどの理由であげてしまったのだとしたら、メンバーの不仲説にますます拍車がかかる形となる。

草彅は何を思ってピックをあげてしまったのだろうか。