当て逃げのノンスタ・井上裕介が書類送検で鬱状態に

ノンスタ・井上裕介が書類送検で鬱状態に

28801e13ab1e46ed6f4487093c135362_content


昨年の12月11日深夜に、東京都世田谷区内でタクシーとの接触事故を起こして相手の運転手に軽傷を負わせた、お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が、道路交通法違反(ひき逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、警視庁世田谷警察署に書類送検された。

そのことで、井上は鬱病になりかけているという。
テレビ局関係者が語る。



「そろそろ復帰してもいいのではないかという雰囲気になりかけたなかで、書類送検されたのは痛いです」


井上が悩んでいるのは事故の件だけではない。

「井上の頭を悩ませているのは、相方の石田明の存在もあるのです。井上の出ていた番組に、代わりに出演して必死に頑張っていることから、『もう井上は不要だ』という声が出てしまっているのです」(芸能記者)


そんななかで、意外な名前も出てきている。
井上がお笑いコンビ・ナイツの塙宣之に励まされているという話が伝わってきているのだ。

「ナイツは、塙も相方の土屋伸之も面倒見がよくて、若手芸人の相談に朝まで付き合ったりもしています。芸歴は井上の方がナイツより先輩なのですが、『M-1グランプリ』を契機に仲がよくなったようで、『いい友達がいてよかった』と周囲に漏らしているとも聞いています」(同・記者)


だが、井上は被害妄想気味でもあるらしく………。

「どうやら狩野英孝の会見を見ていて『過去に交際していた女性が告発してきたらどうしよう』と、起きてもいないトラブルを心配しているようなのです。何か身に覚えてもあるのでしょうか」(同・記者)


事故に詳しい弁護士は、

「当て逃げは、印象がよくありません。示談が成立していますが、起訴される確率は6割といったところでしょう。あとは本人がどれくらい“改心”しているかどうかです」


と語る。

ポジティブが売りの井上も、今回ばかりは落ちるところまで落ちてしまったのか…。