前田敦子、『就活家族』での“棒演技”以上に問題視される「現場での勘違いぶり」とは?

前田敦子、“棒演技”以上に問題視される「現場での勘違いぶり」

o1280072013831662575


三浦友和主演のテレビ朝日系ドラマ『就活家族~きっと、うまくいく~』の第4話が2月2日に放送され、平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことが分かった。
初回は11.0%と好発進だったものの、第2話で9.4%に下落。
第3話で9.5%、そして今回と、微妙に数字は持ち直しているが、まだまだ油断はできない状況だ。

同ドラマは、大手メーカーに勤めていた三浦演じる富川洋輔が、予期せず退社に追い込まれ、またその家族も仕事や就職の壁にぶつかる様子が描かれている。
元AKB48の前田敦子は、洋輔の娘・栞を演じているが、ネット上ではドラマ開始当初から『前田の演技力のなさをどうにかしろ!』といった批判が相次いでいた。

だが、そんな前田の”棒演技”以上に問題視されていることがあるという………。


スポーツ紙の記者が語る。

「前田は、“演じ分け”ができておらず、今回のドラマで披露している声の出し方やセリフの読み方も、15年に出演した『ど根性ガエル』(日本テレビ系)や、16年の『毒島ゆり子のせきらら日記』(TBS系)の時とまったく同じ。撮影に関わったことのあるスタッフからは、一昔前、元SMAP・木村拓哉が言われていたのと同様に、『彼女は何をやっても“前田敦子”にしかならない』との声も。制作側が『これなら前田でも演じられる』といった役を作って、彼女に与えているだけなので、前田には“役作りをする”という意識がなく、いつまでたっても成長しないのでしょう」


そして前田は、周囲の意見に耳を傾けることができないと言われている。
そのエピソードを裏付ける出来事が、1月23日放送のテレビ朝日系『しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間SP』に出演した際に起きていた。

ファッションデザイナーの“ドン小西”こと小西良幸から、「演技を知らない人に『そんな演技ダメじゃん』『センスゼロだね』って言われたら、ムカつきますよね?」と話を振られた前田は、

「嫌ですよね~。自分が胸張ってる仕事ですからね、そこには言われたくないですよね~」

とコメントした。

「この発言からもわかる通り、前田の勘違いぶりは現場でも問題になっています。以前、あるスタジオ内で立ち話をしていたスタッフが、気付かずに通路をふさいでしまっていたことがありました。そこへやって来た前田は、一声かければ済む話なのに、ものすごく嫌そうな顔で『どけよ』とばかりにスタッフを睨み付けたんだとか。すぐにスタッフが気付いて謝り、通路を空けたものの、前田は一言も発しないまま奥の部屋に入って行ったそうです。こうしたちょっとした対応が、現場での評判を下げていることに、早く気づいてほしいです」(制作会社スタッフ)



もうアイドルではないのだから、そういった面でも前田の成長が期待される………。